知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

アレルギー

no image

秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image

2012年の花粉飛散量

2012年の花粉飛散量は前年と比べると比較的少ないでしょう。 花粉の飛散量は前年夏の気候に左右され、特に、日照時間、最高気温、降水量の影響を受けます。2011年は東北、関東、東海、近畿にかけて梅雨明けが例年よりかなり早く、7月は猛暑日が続き …

no image

花粉症のしくみ

私たちの体は、免疫の機能が備わっています。目に見えませんが、空気中にはカビや菌などが沢山浮遊しています。自分では気がつかなくても、体内ではカビや菌を排除するための免疫機能が働いているのです。花粉は体に無害はありませんが、異物として認識されて …

no image

厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image

免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image

子供の気管支炎

急性気管支炎は小学3年生くらいまでに、多く発症が見受けられます。 風邪の延長上に起こるため、風邪との判断がつきにくく、気が付いたら気管支炎にかかっていることが多いです。子供が風邪をひいているときは、症状に注意し、早い段階で病院で診察してもら …

no image

夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image

人間には適度なストレスが必要不可欠

ストレスがありすぎるのはよくありませんが、ストレスを感じるということは生きている証拠です。 不安な気持や不満がなければ努力は生まれません。疲れを感じなければ働き過ぎて体を壊します。痛さ・暑さ・寒さを感じなければ身を守る事を忘れてしまいます。

no image

日焼けをした小麦色の肌は健康的 は間違い。紫外線の悪影響とは

日焼けをした小麦色の肌は、健康的でいいなぁと思う方は今でも多くいると思います。しかし、実は日焼けは浴び過ぎると体に害をあたえ、とても危険な行為なのです。紫外線は、シミ・シワの原因だけでなく、アレルギー・皮膚癌・白内障の感染を高めるとても恐ろ …

no image

花粉症の市販薬 服用の注意点

花粉症になったかなと思ったら、まずは病院で抗原検査を行い、アレルギー性鼻炎・結膜炎であることを確認しましょう。仕事などで忙しく病院に通院する時間がとれない場合は市販薬を使用することも有効です。市販薬には内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。