知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

no image

余分な脂肪にはしょうがの辛味成分

ショウガは、日本でも古くから食卓に欠かせない存在でしたしまれ、体を芯から温めると健康素材としても重宝されてきました。

no image

口腔セルフケアで健康維持

最近よく聞く口腔ケアという言葉は、歯や口の機能や衛生状態を維持、向上することで、生活の質を向上さるという意味をもっています。近年、口の健康維持は高齢社会を元気に過ごすための秘訣との認識が広がり、関心を高めています。

no image

年々増加している手足口病

■手足口病とは 例年7月~8月の夏場を中心に乳幼児の間で流行します。今年は3月ごろから増加し、2000年以降の11年間最多の状態が続いています。

no image

歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」

■歯周病とは 昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

no image

高血圧の予防に欠かせないもの

日本人の4人に1人が患っているといわれる高血圧。現代人にとって、もはや無視することはできない生活習慣病です。

no image

重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image

抗酸化作用で注目の「リコピン」

■赤ちゃんを「酸素の害」から守る 赤ちゃんは、誕生して初めて肺呼吸を始めるその瞬間から、空気中の酸素を利用します。しかし同時に、酸素の害にも初めてさらされます。

no image

とびひ(伝染性膿痂疹)の注意点

■とびひの症状 最初は水ぶくれ水疱〈すいほう〉がしばしばみられますが、すぐに破れて膿(うみ)のついたびらんになります。その後かさぶた痂皮〈かひ〉がついてきます。

no image

女性に多い骨粗しょう症

骨粗鬆症は高齢化社会に向かう現代日本で早急に対策が必要な生活習慣病です。骨密度を保ち、骨粗鬆症を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

no image

夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。