知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

no image

妊婦の女性は要注意 胎児に大きな影響を与えるリステリア菌

妊娠中の方に特に注意してほしい食中毒の菌があります。リステリア菌です。妊娠中の方は一般の人よりも20倍感染しやすく、赤ちゃんにも影響を与える場合があります。

no image

食中毒の脅威と予防方法

春から夏にかけて、気温と湿度が上がる為、菌が増殖しやすくなり食中毒の危険性が高まります。食中毒というのは、細菌などが付いた食品や、有害物質などが含まれている食品を口にして起こる、腹痛や下痢などと言った症状のことを指しますコレラや赤痢菌なども …

no image

3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image

睡眠の仕組みを知って快適な睡眠を

低血圧と寝起きの関係性 血圧は腎臓、内分泌臓器、自律神経、そして、自律神経に指令を発している脳の4つの器官で成り立っています。一方、目覚めの仕組みは内分泌臓器である副腎の髄質から分泌されるアドレナリンとノルアドレナリンが大きく関係しています …

no image

外傷後ストレス障害PTSDの薬物療法と心理療法

大きな災害・事故・事件を体験した後、人は心に大きな衝撃を受けます。だいたいの人は時間の経過とともに心身共に落ち着いてきますが、自我が未発達な幼児や、大人でも出来事のショックがあまりに大きい場合には、大きな障害を残すことがあります。

no image

急性ストレス障害は周りの人の協力が必要です

急性ストレス障害とは、心理的恐怖体験と出合った直後に、一定期間に起こる病気です。 例えば、肉親との死別、愛する人との死別、自然災害、火災、暴行、脅迫を、実際に体験したり、目撃したりすると、強い恐怖感や無力感を体験することがあります。

no image

花粉症の市販薬 服用の注意点

花粉症になったかなと思ったら、まずは病院で抗原検査を行い、アレルギー性鼻炎・結膜炎であることを確認しましょう。仕事などで忙しく病院に通院する時間がとれない場合は市販薬を使用することも有効です。市販薬には内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。

no image

口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image

花粉症を緩和させる食べ物と悪化させる食べ物

花粉症対の症状を緩和する食べ物として乳酸菌が注目されています。 そもそも「乳酸菌」とは「糖を分解して乳酸を作る細菌の総称」です。

no image

花粉症の薬 市販薬と処方薬の違いは?

2010年の夏は猛暑日が多く記録的な年となりました。 その影響により日照時間が長く、スギの花芽が多く形成される条件が揃い、2011年の花粉は非常に多くなると予想されています。花粉の薬といっても最近は多くの薬が販売されています。