知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

no image

白内障手術の心得

白内障とは目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下してかすんで見えたり、明るいとこに出ると眩しくて見ずらいなどの症状があります。 白内障は薬で回復することができません。つまり一度進行が進んでしまった場合、手術するしか方法がありません。

no image

厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image

ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image

免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image

子供の気管支炎

急性気管支炎は小学3年生くらいまでに、多く発症が見受けられます。 風邪の延長上に起こるため、風邪との判断がつきにくく、気が付いたら気管支炎にかかっていることが多いです。子供が風邪をひいているときは、症状に注意し、早い段階で病院で診察してもら …

no image

夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image

人間には適度なストレスが必要不可欠

ストレスがありすぎるのはよくありませんが、ストレスを感じるということは生きている証拠です。 不安な気持や不満がなければ努力は生まれません。疲れを感じなければ働き過ぎて体を壊します。痛さ・暑さ・寒さを感じなければ身を守る事を忘れてしまいます。

no image

自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法

夏が来るたび、夏ってこんなに暑かったっけ、と思いませんか?夏は暑くて当たり前ですが、実際に気象庁の調べによると、2010年6月~8月の平均気温は、過去113年間の観測の中で一番暑かった年だったようです。ちなみ2位は1994年だそうです。

no image

日焼けをした小麦色の肌は健康的 は間違い。紫外線の悪影響とは

日焼けをした小麦色の肌は、健康的でいいなぁと思う方は今でも多くいると思います。しかし、実は日焼けは浴び過ぎると体に害をあたえ、とても危険な行為なのです。紫外線は、シミ・シワの原因だけでなく、アレルギー・皮膚癌・白内障の感染を高めるとても恐ろ …