知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。
免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。


同じ空間にいても、ウイスルに感染する人、しない人がいます。その要因は免疫力の違いです。特に小さい子供やお年寄りは免疫力弱い為、風邪にかかりやすいのです。
また、免疫システムが過剰に反応してしまうのがアレルギーや花粉症です。低体温や喫煙者、睡眠不足などからも免疫力低下につながると言われています。

ウイルスは皮膚や粘膜から侵入しますが、その侵入を防ぐのが免疫細胞で、タンパク質とミネラルからできています。私たちの体も主に、たんぱく質からできています。すなわち必要不可欠な栄養素です。
最も良質なたんぱく源は、日本人が昔から食べてきた魚です。とくにイワシやサバ、アジ、マグロ、サンマなどの青背魚には、DHAやEPAという質の高い不飽和脂肪酸が含まれていますから、血液サラサラ効果も期待できます。
ただ気をつけなくてはいけないことがあります。それは、DHAやEPAは脂肪なので、加熱によって栄養素が損なわれてしまうだけでなく、酸化もしやすくなってしまうのです。

そこで、栄養素を無駄なく上手に摂るには、新鮮なものを生で食べるのが一番です。でも、お刺身ばかりでは飽きてしまいますから、酢の物やマリネなどでアレンジしてみましょう。
そして皮膚や粘膜を守るのがビタミンです。免疫物質をつくるのに必要なのが、ビタミンB6や、葉酸、パントテン酸なども不足すると免疫力が低下する等、免疫力にかかわっています。

また体温が下がると免疫力も低下するので、冷えが気になるような時には、カラダが温まる働きのある辛み成分を含んだトウガラシやショウガ、サンショウを効かせた料理を食べるのもおすすめです。
これらの通り、免疫力を付けるに食事面で、バランスよく栄養摂取する必要があります。ダイエットや偏った食生活は、免疫力が低下してしまうため、注意しましょう。加工食品やインスタント食品はとても便利なのですが、免疫力を低下させてしまう食品添加物はできるだけ使わないよう、心がけましょう

免疫力を発揮する上では、十分に休息をとったり、カラダが冷えないようにしたり、ストレスをうまく解消し、よく笑うなど前向きに心持ちでいることなど、食事以外の生活習慣やメンタル面も重要です。

 - 病気・健康対策 , , , , , ,

  関連記事

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。