知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。


女性や、自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人は夏場のエアコンには注意が必要です。人の体の温度調整は5℃以上の急激な気温の変化に対応できないため、それ以上の温度変化が起こると体温を上げる機能と下げる機能のバランスがとれなくなります。よって体温調整がうまく行われず自律神経が崩れやすくなり、いろいろな体調不良を招くこととなるのです。このような症状は冷房病と呼ばれています(正式名称ではありません。)。
主な症状は、体の冷え、手足のむくみ、頭痛、肩こり、腰痛、不眠などさまざま症状を引き起こします。また、風邪をひきやすくなったり、ホルモンバランスの乱れから月経不順を起こしたりすることがあります。
普段の生活習慣によって、冷房病を招くこともあります。それは、不規則な生活習慣です。暑さによる食欲不振や過剰なアルコール摂取、過密なレジャー計画、休日のだらだら生活、ストレスなどです。また喫煙はニコチンが血管を収縮させる働きがあるため、体温が下がりやすくなるため、避けた方がよいでしょう。このように、不規則な生活は,自律神経に大きな負担となり、冷房病を含む自律神経失調症を招く原因となります。
冷房病の対策として、まず体を冷やさないこと。カーディガンを羽織ったり、首にスカーフを巻いたり、厚手の靴下をはくなどしましょう。職場では、席によって、冷房の風が直接あたってしまい、厚着をしても冷えが解消されない場合は、エアコンの吹き出し口に取り付けるキッドが販売されているので、取り付けを検討してもらうとよいでしょう。直接風が当たるのと、当たらないのとでは、体感温度は大きく変わってくるので、快適に仕事に取り組めるでしょう。
冷房の温度は、25℃から28℃に設定して、外気との温度差を5℃以内にし、自律神経が正常に保たれるようにしましょう。
デスクワークなどで、常に同じ姿勢で作業を行う場合、時折、体を動かし血行をよくしましょう。運動をして汗をかくことは、体温調整を正常にする効果があるので、運動不足の方は適度な運動をこころがけましょう。
手軽にできるものとして、腹式呼吸も効果があります。息を吸ったときに下腹部と胸部を一緒にふくらませ、息を吸うときは一気に吸い、吐くときは口から吐き、ゆっくり行うと尚効果的です。同時にリラックス効果も得られます。
夏の食事は、そうめんや、アイスクリーム、冷たい飲み物など、冷えたものが食べたくなりますが、このような冷たい食べ物や飲み物は、胃が冷やされ、消化機能の妨げになります。夏場であっっても、体を温めてくれる食材を取り入れるようにしましょう。主に、タンパク質やミネラル、しょうが、ねぎ、にんにくなどがおすすめです。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。