知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。


女性や、自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人は夏場のエアコンには注意が必要です。人の体の温度調整は5℃以上の急激な気温の変化に対応できないため、それ以上の温度変化が起こると体温を上げる機能と下げる機能のバランスがとれなくなります。よって体温調整がうまく行われず自律神経が崩れやすくなり、いろいろな体調不良を招くこととなるのです。このような症状は冷房病と呼ばれています(正式名称ではありません。)。
主な症状は、体の冷え、手足のむくみ、頭痛、肩こり、腰痛、不眠などさまざま症状を引き起こします。また、風邪をひきやすくなったり、ホルモンバランスの乱れから月経不順を起こしたりすることがあります。
普段の生活習慣によって、冷房病を招くこともあります。それは、不規則な生活習慣です。暑さによる食欲不振や過剰なアルコール摂取、過密なレジャー計画、休日のだらだら生活、ストレスなどです。また喫煙はニコチンが血管を収縮させる働きがあるため、体温が下がりやすくなるため、避けた方がよいでしょう。このように、不規則な生活は,自律神経に大きな負担となり、冷房病を含む自律神経失調症を招く原因となります。
冷房病の対策として、まず体を冷やさないこと。カーディガンを羽織ったり、首にスカーフを巻いたり、厚手の靴下をはくなどしましょう。職場では、席によって、冷房の風が直接あたってしまい、厚着をしても冷えが解消されない場合は、エアコンの吹き出し口に取り付けるキッドが販売されているので、取り付けを検討してもらうとよいでしょう。直接風が当たるのと、当たらないのとでは、体感温度は大きく変わってくるので、快適に仕事に取り組めるでしょう。
冷房の温度は、25℃から28℃に設定して、外気との温度差を5℃以内にし、自律神経が正常に保たれるようにしましょう。
デスクワークなどで、常に同じ姿勢で作業を行う場合、時折、体を動かし血行をよくしましょう。運動をして汗をかくことは、体温調整を正常にする効果があるので、運動不足の方は適度な運動をこころがけましょう。
手軽にできるものとして、腹式呼吸も効果があります。息を吸ったときに下腹部と胸部を一緒にふくらませ、息を吸うときは一気に吸い、吐くときは口から吐き、ゆっくり行うと尚効果的です。同時にリラックス効果も得られます。
夏の食事は、そうめんや、アイスクリーム、冷たい飲み物など、冷えたものが食べたくなりますが、このような冷たい食べ物や飲み物は、胃が冷やされ、消化機能の妨げになります。夏場であっっても、体を温めてくれる食材を取り入れるようにしましょう。主に、タンパク質やミネラル、しょうが、ねぎ、にんにくなどがおすすめです。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。