知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

二日酔いに勝つには

★二日酔い防止
二日酔いを引き起こす原因としてアセトアルデヒドがあります。このアセトアルデヒドをいかに分解できるか、それによって次の日の状態が決まります!日頃から肝臓を保護し、肝機能を高めるように心がけておきましょう!また、アルコール代謝の手助けをするビタミンB1をとることも必要ですよ。


・良質のタンパク質を摂る。(豆腐、チーズ、卵、肉、魚等)
・たばこやはできるだけ体内に入れないようにする。
上記のこと心がけると、肝臓の解毒作業が軽くなります。
また、肝臓は再生能力の強い臓器なので、正しい栄養と休養が与えられるとすぐ元気を回復します。小食にすれば全体の仕事量が減ってもっと楽になり、肥満も予防できますよ。
また、消化に負担のかかる肉類や脂肪分の多い食事は控えて、働き者の肝臓をいたわってあげましょう。
★飲む直前対策
この時期、人事異動などで歓送迎会や接待や付き合いなどお酒を飲む機会も増えてきますね。お得意さまの前で醜態、連日の飲み会で毎日二日酔い!という風にならないように、お酒を飲む前にちょっとした対策もしておきましょう!空腹時にいきなりお酒を飲むのは厳禁!飲む前に軽く軽食を食べておきましょう。
牛乳を飲むと、牛乳の中の成分が肝臓の働きをサポートしてアルコールを分解しやすくしてくれます。「牛乳は苦手だ」という人は、牛乳の代わりにチーズでも大丈夫ですよ。
★お酒と納豆
お酒と一緒に納豆を食べると二日酔いの予防になり、肝機能が低下するのを防ぐという事です。
全国納豆協同組合連合会の調査によると、30~40代の男性5人を日本酒4合を飲んだ後に、納豆100g食べた場合と、食べなかった場合の2グループを分け、飲酒後1時間経過前後の血液中のアルコール濃度を比較した結果、納豆を食べた場合はアルコール濃度が2%下がり、食べなかった場合は11%増加していたというのです。これは納豆が二日酔い防止に効果があることを意味するという事のようです。

 - 飲酒・喫煙 ,

  関連記事

8f66c83e6e6915efe2512fa16b5efaea
二日酔いの予防と解消方法

二日酔いにならないために、または既になってしまったけどなんとかしたいなど、 お酒を楽しく飲むための方法を、事前対策・最中対策・事後対策の3つに分けてご紹介します。

77d111b85c1b01f84443bd4c2ad49b6b
蜂蜜と生姜を溶かした湯

風邪を引いた時に、体を温めるために生姜湯を飲んだことがあると思います。 また、元気の源として蜂蜜を含んだ健康食品を巷で見かけることが多いでしょう。

no image
禁煙は50歳からでも遅くない

禁煙をすることによって、長い目で見ると、がんなどにかかる危険性が低下するだけでなく、禁煙した瞬間から健康にとっても有用な効果があります。

fe3568174dd322893ef62d7028458314
二日酔いでの胸のむかつきの症状と原因

お酒を飲んだ次の日になんだか気持ち悪くてトイレの往復はするものの、吐けない。 しゃっくりが続いて、そのたびに食べたものが胃の中をぐるぐると回っていて感じる胸のむかつき。

d51e7d14075b5476873059b054bb933d
ウコンでアルコールの分解を促進

歓送迎会や今日は飲みそうだなといった日には、お酒を飲む前に必ずウコンの入ったドリンクを一気飲みしている姿を良く見ますね。

bd25f11c50e4b870d39e639138754f29
大根おろしでビタミンCを補給

さんまの塩焼き等、和食の付け合せや薬味として利用されることが多い大根おろし。 その成分が二日酔いに効くことをご存知ですか?

2f28e9b09fb689b5b4b97e7244efe41e
二日酔いに効く柿の効果

柿は日本原産の果物として知られています。 昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、に含まれる栄養価は高いとされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
二日酔いによるのどの渇きの症状と原因

お酒を飲んだ日に、のどの渇きで目を覚ますことはありませんか? 特に夏の暑い日は、酔っ払ってクーラーをつけたまま寝てしまい、のどの渇きだけに留まらず、朝起きると口の周りがひび割れてしまうほどになってしまうこともしばしばあるかと思います。

no image
アルコールの作用を理解した正しいお酒の飲み方

お酒を適度に飲むことは体にいいと言われていますが、飲む量を間違えてしまうと体に様々な弊害をおこします。 アルコールの作用を理解し、正しくお酒を飲みましょう。

9e6451be4b4f87a67a30685f90d7aa1c
筋トレやランニングなどの運動は二日酔いに効果がある?

飲み過ぎてしまった場合には、二日酔いで翌日になっても吐き気や頭痛が収まらないような状態になる場合があります。