知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。


低血圧とは、最高血圧が100~110mmHg以下、最低血圧が50~60mmHg以下の状態を指します。低血圧の人は、血液を送り出す力が弱いため、血液の流れが悪くなり、ひどい場合は血管が詰まって、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性もあります。
低血圧にはいくつかの種類があります。まず、本態性低血圧。これは、原因はとくになく生まれもって常に血圧が低い人です。
次に、起立性低血圧。座っているときや、横になったとき血圧は正常ですが、急に立ち上がったときに血圧が下がる人です。
そして、二次性低血圧。なんらかの病気によって、低血圧を招く病気の事です。血圧が低くなる病気は、循環器や内分泌の病気などいろいろとあります。急激に低血圧になるものに、心筋梗塞があります。また、やけどや、激しい下痢・嘔吐が上げられます。慢性的に低血圧になるものに、血循環器や内分泌の病気などがあげられます。
貧血と低血圧は症状がにていて、混同されがちですが、原因は全く別のものです。低血圧は、血液の循環がうまく行われず、脳や体に血液が回らなくなった為、めまいや立ちくらみといった症状が起こります。一方、貧血は鉄分が不足し、ヘモグロビンがつくられず赤血球が本来の働きができなくなったためにめまいや立ちくらみの症状が起こります。
低血圧を予防するために、冷たい食べ物や甘い食べ物は控えましょう。糖分には体を冷やす作用があります。温かい飲み物を飲むようにしましょう。食事制限をしたダイエットは避ける。
適度な運動をして、血液を送る筋力をつけましょう。ウォーキングやスクワットなどがおすすめです。タバコは控えましょう。タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。立ち上がる(起立)時などゆっくりと動作を行うことで、立ちくらみを防ぐことができます。
低血圧は高血圧とくらべると、それほど危険視されていません、現に高血圧には目安となる上限値が設けられていますが、低血圧には最低基準値は設けられていません。しかしながら、低血圧であることにより、日常生活に支障を来たす事も事実です。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
人には聞けない痔の悩み

痔(じ)は、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ることなどによって発生する疾患の総称です。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。