知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。


低血圧とは、最高血圧が100~110mmHg以下、最低血圧が50~60mmHg以下の状態を指します。低血圧の人は、血液を送り出す力が弱いため、血液の流れが悪くなり、ひどい場合は血管が詰まって、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性もあります。
低血圧にはいくつかの種類があります。まず、本態性低血圧。これは、原因はとくになく生まれもって常に血圧が低い人です。
次に、起立性低血圧。座っているときや、横になったとき血圧は正常ですが、急に立ち上がったときに血圧が下がる人です。
そして、二次性低血圧。なんらかの病気によって、低血圧を招く病気の事です。血圧が低くなる病気は、循環器や内分泌の病気などいろいろとあります。急激に低血圧になるものに、心筋梗塞があります。また、やけどや、激しい下痢・嘔吐が上げられます。慢性的に低血圧になるものに、血循環器や内分泌の病気などがあげられます。
貧血と低血圧は症状がにていて、混同されがちですが、原因は全く別のものです。低血圧は、血液の循環がうまく行われず、脳や体に血液が回らなくなった為、めまいや立ちくらみといった症状が起こります。一方、貧血は鉄分が不足し、ヘモグロビンがつくられず赤血球が本来の働きができなくなったためにめまいや立ちくらみの症状が起こります。
低血圧を予防するために、冷たい食べ物や甘い食べ物は控えましょう。糖分には体を冷やす作用があります。温かい飲み物を飲むようにしましょう。食事制限をしたダイエットは避ける。
適度な運動をして、血液を送る筋力をつけましょう。ウォーキングやスクワットなどがおすすめです。タバコは控えましょう。タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。立ち上がる(起立)時などゆっくりと動作を行うことで、立ちくらみを防ぐことができます。
低血圧は高血圧とくらべると、それほど危険視されていません、現に高血圧には目安となる上限値が設けられていますが、低血圧には最低基準値は設けられていません。しかしながら、低血圧であることにより、日常生活に支障を来たす事も事実です。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。