知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。


口内炎の症状は、口内炎の原因や、口内炎のできる場所、程度によって異なります。
基本的な症状は、痛みや出血、腫れ、飲食時にしみる、物が飲み込みにくい、味覚が変わる、口の中が乾燥する、口が動かしづらいなどです。口内炎は複数できることもあり、痛みがひどい時は食事がとれないほどですが、普通は一週間、長くとも二週間程度で自然に消滅します。
口内炎と一口にいっても、さまざまな種類があります。種類によって、症状の現われ方が異なります。
最も多くみられるアフタ性口内炎では、直径が数ミリの円形の潰瘍ができます。真ん中が白く周りが赤くなります。そして飲み物がしみたり強い痛みがでます。
アレルギー性口内炎やニコチン性口内炎でも、同じような症状が現れます。
その他では、カタル性口内炎では、口の中の粘膜が赤く炎症を起こし、熱が出たり、口臭がひどくなることがあります。ヘルペスなどのウィルス性口内炎では、唇や口の中の粘膜に、水泡ができ、それが破れるとびらんや潰瘍になります。カンジダ性口内炎は、カビ(真菌)の一種ですが、口の中に白いコケ状の斑点ができ、それがはがれると赤くただれたりします。口角炎では、唇の端が赤くなり、亀裂やかさぶたができます。
症状がひどく、二週間たっても治らないようであれば、他の疾患も考えられますので、必ず病院へ行きましょ。専門は口腔外科ですが、歯科、耳鼻科皮膚科でも診断してもらえます。
口内炎の治療には、ステロイド入りの塗り薬、患部に貼るタイプ、噴霧薬などが使われる他、痛みを和らげるジェルもあります。
口内炎はできやすい人とできにくい人がいると聞きます。確かに、頻繁にできる人もいます。口内炎はウイルスや細菌の感染、歯ブラシで傷つけたり義歯が合わないなどの物理的刺激、金属アレルギー、過度のアルコール摂取、ビタミン不足、などさまざまなことが引き金でできるのはと言われています。更に、寝不足や過労、ストレスの多い生活なども口内炎の要因になるといわれています。日ごろ、口内炎ができやすい人は、口内を清潔に保ち、ビタミンが多く含まれている食材を積極的にとる、過労や寝不足にならないようにするなど、毎日の健康に気を配るようにしたいものです。
口内炎の予防
できやすい人は気を付けてみましょう
・口の中を清潔にする
・口の渇きに注意
・口の中を傷つけないようにする
・ストレスを溜めない

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しま …

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。