知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

花粉症を緩和させる食べ物と悪化させる食べ物

花粉症対の症状を緩和する食べ物として乳酸菌が注目されています。
そもそも「乳酸菌」とは「糖を分解して乳酸を作る細菌の総称」です。


ヨーグルトやチーズなどの乳製品や乳酸菌飲料、キムチや味噌などの発酵食品に多く含まれます。乳酸菌は腸の中の細菌のバランスを改善し、体の調子を整えるといわれています。いわゆる「善玉菌」として腸の中で働くのですね。
全ての乳酸菌に効果があるわけではありません。効果が期待できる乳酸菌として注目されているのが、KW乳酸菌とL-92乳酸菌です。
これらは細菌やウィルスを攻撃するリンパ球『Th1』とアレルギーの原因となるリンパ球『Th2』、この2つのバランスを改善する働きがあり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が起こりにくい環境を作り出すそうです。
このような乳酸菌の働きは、例えば同じビフィズス菌であったとしても菌種によって働きが異なるため、どの菌をどれだけ摂取すればどの程度の効果を得られるかについては現在開発中です。
もしヨーグルトを食べて花粉症を予防をしたいという場合には、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認しましょう。そして乳酸菌の効果は即効性があるというわけではないので、花粉の飛散時期の1ヶ月くらい前から継続摂取することがより効果的なようです。
■花粉の時期に控えたい食べ物
花粉症の症状を少しでも緩和させるためにも、毎日の食事に目を向けてみましょう。例えば、 高たんぱく質食品や嗜好品は花粉症の悪化に関係 しているといわれています。
肉・魚・卵などの高たんぱく質食品を食べ過ぎると消化酵素の分泌が追いつかず、十分なアミノ酸に分解できずに腸で吸収されてしまうことがある。分解が不十分なままに吸収されると、体は”異物”とみなして抗体が増え、アレルギーを引き起こす要因となることもあるのです。
また、激辛食品や・アルコール・たばこは鼻の粘膜の毛細血管を広げてうっ血や充血を引き起こしやすくします。その結果、鼻づまりがひどくなることもあるので、食べ過ぎには注意しよう。
また、たばこの煙に含まれる有害物質も鼻の粘膜を刺激し、花粉症の症状を悪化させてしまう場合があります。

 - 花粉症 , , ,

  関連記事

no image
花粉症のしくみ

私たちの体は、免疫の機能が備わっています。目に見えませんが、空気中にはカビや菌などが沢山浮遊しています。自分では気がつかなくても、体内ではカビや菌を排除するための免疫機能が働いているのです。花粉は体に無害はありませんが、異物として認識されて …

no image
花粉には空気清浄機

空気清浄機は、機種によってフィルターの網目の細かさに違いはあるでしょうが、その網目が捕捉するとされている粒子の大きさの、ほぼ100%近くを捕まえることができます。

no image
花粉症の市販薬 服用の注意点

花粉症になったかなと思ったら、まずは病院で抗原検査を行い、アレルギー性鼻炎・結膜炎であることを確認しましょう。仕事などで忙しく病院に通院する時間がとれない場合は市販薬を使用することも有効です。市販薬には内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。

no image
2012年の花粉飛散量

2012年の花粉飛散量は前年と比べると比較的少ないでしょう。 花粉の飛散量は前年夏の気候に左右され、特に、日照時間、最高気温、降水量の影響を受けます。2011年は東北、関東、東海、近畿にかけて梅雨明けが例年よりかなり早く、7月は猛暑日が続き …

no image
花粉対策 まずは規則正しい生活を

花粉の飛ぶ季節は空気が乾燥しているために鼻や眼、喉などの粘膜が乾燥して体の抵抗力が弱くなっていることが多いのです。 室内を乾燥させないように部屋の湿度を適度に保つことに気をつけましょう。

no image
気になる2010年花粉の量は

花粉の季節がやってきました。すでに鼻がずるずる、目がかゆい方もおおいのでは。気になる2010年花粉はどぉなのでしょうか。

no image
花粉症の薬 市販薬と処方薬の違いは?

2010年の夏は猛暑日が多く記録的な年となりました。 その影響により日照時間が長く、スギの花芽が多く形成される条件が揃い、2011年の花粉は非常に多くなると予想されています。花粉の薬といっても最近は多くの薬が販売されています。