知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

デスクワークによる肩こり

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは筋肉の疲れによるものです。
デスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢でいることが多く、更に姿勢の悪さ、机と椅子の高さがあっていないなど、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける”結果、筋肉が疲労をおこし、肩こりの原因となります。


■肩と首の骨・肩関節の仕組み
人間のカラダは、その骨格において常に大きい負担を抱え、肩こりをおこしやすい仕組みになっています。 
人間の背骨は、頭蓋骨の下から骨盤までつながっており、その部位によって「頸椎(けいつい)」「胸椎(きょうつい)」「腰椎(ようつい)」に分けられます。
これらの骨は、それぞれが一直線に連結しているのではなく、「生理的彎曲」という、横から見ると「ゆるやかなS字カーブ」を描いています。
人間は、この「生理的彎曲(S字カーブ)」があるおかげで、うまくバランスを保ちながら2本足で立つことが出来るしくみになっているのです。
■食生活(日々の食事)から肩こりを解消しよう
肩こりだけでなく、健康なカラダを保つことはとても大切です。、食事(食生活)を見直し、血液の流れを良くする「ビタミンE」をはじめ、 肩こりの予防と解消に役立つ栄養素と食品を説明します。
肩こりを改善するには、毎日の食事(食べ物)にも気を配りましょう。
いつまでも健康なカラダを維持し、毎日を健やかにすごせるよう、日ごろから栄養バランスの取れた食事をとりいれてゆくことは大切なことなのです。
毎日の食事を気遣うのは大変かもしれませんが、毎食の品数を一つでも増やす事で体の栄養バランスを整えることができます。
これを機会に一度、食生活を見直してみましょう。
■血液の流れをよくする栄養素(食品)で肩こり解消!
前で説明した通り、肩こりの原因は筋肉の疲れが一番多い原因とあげられます。
この「筋肉の疲労からくる肩こり」を引き起こす最大の要因は、血液の循環が悪くなることで筋肉中に老廃物が蓄積され、肩こりや痛みを生じさせるのです。
血液の流れを良くする事が期待できる栄養素には、ビタミンE・EPA DHA」が、あげられます。
その他にも、骨や筋肉を生成したり、メンタルな部分を補助する栄養素も必要です。
自分の食生活をふりかえり、何が不足してしているかを見直してみてください。

 - 肩こり・腰痛・関節痛 ,

  関連記事

no image
スマホが原因の肩こりや頭痛 ストレートネックの治し方

スマートフォンの普及に伴い、長時間画面を覗き込むことで、肩こりや腕のしびれを訴える人が増え、ストレートネックになっている人が増えています。

no image
あなたの机と椅子正しい高さですか?

椅子に座るときと、パソコンのモニター画面に向かう場合の正しい姿勢を説明します。 毎日オフィスで使用するものですから、カラダにあった椅子を選び、また、眼精疲労を起こさないためにも、照明にも気をつけます。

no image
肩コリは血行不良が原因

■肩の力を抜く肩こり体操 肩こりは、首から肩にかけて、また、肩甲骨付近の筋肉が緊張して、血行不良を起こしている状態です。

no image
首の付け根の痛みには

肩こりとひと言で言っても、肩こりに至るまでには、人それぞれ負担の大きい部位が違うことがあります。自分はどこが悪くて肩こりを起こしている可能性があるかを知っておくことは大切だと思います。