知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。
1・前かがみの猫背
2・胸が突き出でている姿勢
3・お腹が付きでている姿勢


姿勢を意識して正していても2や3の状態になっていては逆効果です。
このままでは首から肩にかけての筋肉が緊張し肩こりの原因にも。
また、同時に腰にも余計な負担がかかり、腰痛も引き起こしてしまいます。
正しい姿勢のイメージとしては体に一本の棒が通っているのを想像してください。
かかとからお尻を通って頭から抜ける感じ。
大きく背伸びをするのも有効だと思います。
日々の生活の中で姿勢をキレイに保つだけで体中の筋肉をバランスよく使うことができ自然と筋肉を鍛えていることができるのです。
筋肉がつけば基礎代謝UPにも繋がります。
そうすれば無駄な脂肪も付きにい体が造られるのです。

★基礎代謝とは★
基礎代謝とは快適な環境温下で、安静にしているときのエネルギー代謝です。
体を横にしてまったく体を動かしていなくても体温を保つ、呼吸をする、心臓を動かすなどさまざまな生命活動のために常に使っているエネルギーを言います。
つまり、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーのことです。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しま …

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。