知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。
1・前かがみの猫背
2・胸が突き出でている姿勢
3・お腹が付きでている姿勢


姿勢を意識して正していても2や3の状態になっていては逆効果です。
このままでは首から肩にかけての筋肉が緊張し肩こりの原因にも。
また、同時に腰にも余計な負担がかかり、腰痛も引き起こしてしまいます。
正しい姿勢のイメージとしては体に一本の棒が通っているのを想像してください。
かかとからお尻を通って頭から抜ける感じ。
大きく背伸びをするのも有効だと思います。
日々の生活の中で姿勢をキレイに保つだけで体中の筋肉をバランスよく使うことができ自然と筋肉を鍛えていることができるのです。
筋肉がつけば基礎代謝UPにも繋がります。
そうすれば無駄な脂肪も付きにい体が造られるのです。

★基礎代謝とは★
基礎代謝とは快適な環境温下で、安静にしているときのエネルギー代謝です。
体を横にしてまったく体を動かしていなくても体温を保つ、呼吸をする、心臓を動かすなどさまざまな生命活動のために常に使っているエネルギーを言います。
つまり、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーのことです。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …