知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しませんか。


ふくらはぎの筋肉は第二の心臓とも呼ばれています。運動などでふくらはぎの筋肉を使うと筋肉が伸び縮みを繰り返し、心臓から足に流れてきた血液を、逆に心臓に向かって押し戻すポンプのような働きをするためです。この動きは乳搾りの動きに似ていることから「ミルキングアクション」とも言われ、心臓よりも下にある足の血液循環を助ける役目をしています。
しかし、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢で足を動かさないままでいると、このポンプの働きがうまくいかず、血の巡りが悪くなり、足がむくんだりだるさを感じたりします。冷え症などもこれと同じしくみで、血行を悪くするため、寒い季節は特に足のむくみが気になるかもしれません。上手にふくらはぎの「ポンプ」を動かして、むくみ知らずの足を作りましょう。
■足首を回す
なるべく大きな動作を意識して足首を動かします
軽く動かした後は足首を右回り、左回りと回してみましょう。動きが悪いと感じる場合には、足首を反対側の膝上にのせた状態で、片方の手で足首を固定し、もう片方の手でつま先付近を持って回してみるのもよいでしょう。
■つま先を上下に動かす
かかとは動かさずにつま先を浮かせましょう
かかとは地面に固定した状態でつま先を軽く上に持ち上げるようにします。このときふくらはぎの筋肉を意識して伸ばしてみるようにしましょう。
■膝を伸ばしてつま先の上げ下げとストレッチ
膝を伸ばした状態で足首を前後に動かします。机の下などのスペースを利用し、膝を少し伸ばした状態でつま先を手前側に引く、外に向かって押し出すという足首を動かす動作を交互に行います。固まっていた足首をゆっくりと前後に動かすことで足先で停滞しがちな血流を改善させることが期待出来ます。
■足の指を閉じて開いて
指先を意識して大きく動かすようにしましょう。普段、足の指を動かす機会は少ないと思います。靴下をはいたままでOKなので、足指をグー・パーと交互に10回程度動かすようにしてみましょう。足先の筋肉まで動かすことで血流を促進させ、むくみ解消につながります。
デスクワークの方、立ち仕事の方、足がむくみやすい環境を変えるのは難しいですが、これらの運動なら、いつでも手軽にできるので、取り入れやすいのではないでしょうか? 1時間に1回程度を目安にすると、気分もリフレッシュできて効果的です。

 - 病気・健康対策 ,

  関連記事

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。