知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。


冬に発症しやすい病気のうち、最も重大なものとして血管障害(心筋梗塞・脳卒中)が挙げられます。これらの原因の1つは、低温環境そのもの、あるいは室内外の気温差が刺激になって脳や心臓へ負担がかかった結果、脳や心臓の血管が収縮することで血圧が急上昇したり、あるいは血液の流れが悪くなったりするためです。
これらの病気が元となる冬の突然死は、特に午前中の寒い時間帯に起こりやすいという特徴があります。こうした理由から体を冷やさないようにすること、暖かい所から寒い所へ移動する際は注意しましょう
◆危険な場所
・冬の入浴
・夜中のトイレ
冬の入浴時は脱衣所から浴室に入ったとき、浴室の温度が低すぎて体に大きな負担がかかります。特に一番風呂は浴室が冷えていいて温度の差が大きいので注意しましょう。しかも、湯船から洗い場に出たとき、温度だけでなく水圧の関係で血圧が急激に変動することがあります。すべての人に起こる現象ではありませんが、一般的には加齢によって高血圧になりやすいことからも、健康に不安のある人はできるだけ一番風呂は避けたほうが良いかもしれません。
また、やむを得ず最初にお風呂に入るという場合には、少しでも温度差をなくすために前もって浴室内の壁にお湯をかけること、あるいはお湯を張ってからしばらく経ち、浴室の湿度が上昇してある程度落ち着いてから入浴するようにしてください。少々お金はかかるものの、リフォームで浴室床暖房を導入することも温度差を解消するには有効な手段です。
なお、湯冷めを避けるためには湯船から出る前に氷のかけらを1つ口にしてください。口の中が冷やされた結果、血行が悪いという指令が脳に伝わって、湯上りもしばらくは血行を改善させようとする体の働きが期待できます。
おしっこをしたときに体がブルブルッと震えるのは、排尿によって奪われた体温を補おうとする人体の防御反応です。ところが夜中、睡眠中の人間の体温は日中に比べてすでに低下しています。寒い夜に目が覚めて、暖かい布団から出てトイレまで歩いていくうちに体は急激に冷やされ、しかも尿と一緒に体温まで奪われてしまうことも考えられます。急激な体温の変化によって自律神経のメカニズムに狂いが生じ、大きな事故を招いてしまうことも考えられます。
夜中にトイレに起きるというのは男女ともに起こりうることですが、男性の場合には程度の差こそあれ、加齢に伴って必ずといってよいほど前立腺肥大症になりますのでトイレが近くなることを完全に避けることはできません。前立腺肥大症を放置しておくと夜中にトイレに起きる回数も増え、しかも健康にとって大切な睡眠を損ねてしまいます。かといって、尿を少しでも減らそうと水分を必要以上に制限することは、脳梗塞の予防の意味では適切ではありません。トイレの回数が多いと感じる人は、寒くならないうちから適切な治療を受けることが大切です。
なお、女性は前立腺肥大症とは無縁ですが、あまりにトイレが近いと感じる場合には、膀胱の中に尿がたまったという刺激に敏感になりすぎたという「過活動膀胱(かかつどうぼうこう)」という病気が潜んでいることがあります。日中・夜間を問わずに尿の回数が多いと感じ、例えば1時間程度のドラマを見ていてコマーシャル中にトイレに行ったにも関わらず「ドラマのクライマックスを見る余裕もないぐらい」強い尿意を感じることがあれば、この病気が疑われますので医療機関で相談してください。

 - 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しま …

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。