知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

二日酔いによるのどの渇きの症状と原因

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お酒を飲んだ日に、のどの渇きで目を覚ますことはありませんか?
特に夏の暑い日は、酔っ払ってクーラーをつけたまま寝てしまい、のどの渇きだけに留まらず、朝起きると口の周りがひび割れてしまうほどになってしまうこともしばしばあるかと思います。


そんな二日酔いによるのどの渇きとの上手な付き合い方を、症状とその原因、対策に分けて以下に説明したいと思います。

「のどの渇きの症状」
のどが渇くという現象には、のどが渇いて水を飲みたくなるという口渇感と、口のなかの乾燥が主である口内乾燥感の2種類に分けることが出来ます。

口渇感は、細胞外液の浸透圧が上昇して口渇を感ずる中枢が刺激された生理的状態です。
これは水を摂取することにより、体内の水分代謝を正常化しようとするという欲求なので、生命の維持に必要な働きといえます。
口内乾燥感は、唾液分泌が減少し、口腔や咽頭部の粘膜が乾燥する状態で、時には口のなかが粘って飲み込みにくいと感じることもあるようです。
一般的には口渇と口内乾燥は合併することが多いので、区別がつけることが難しいですが、飲んでいる時に感じるのどの渇きは前者の、二日酔いによるのどの渇きは、主に後者の症状によるものといえるでしょう。

「のどの渇きの原因」
のどの渇きを引き起こす原因には、以下の体内の動きが起因しているといわれます。
 
・アルコールによるもの
 アルコールには利尿作用があり、アルコールを分解する為に多量の水分が体内で消費され、
 更に血管が拡張して発汗するため、アルコールによって軽い脱水症状を起こします。

・肝臓の働きによるもの
 肝臓は、アルコールを分解するために水分を必要とします。そのため水分補給の欲求が高まり
 のどの渇きを感じます。

 - 飲酒・喫煙

  関連記事

no image
アルコールの作用を理解した正しいお酒の飲み方

お酒を適度に飲むことは体にいいと言われていますが、飲む量を間違えてしまうと体に様々な弊害をおこします。 アルコールの作用を理解し、正しくお酒を飲みましょう。

二日酔いがもたらす体の震えの原因

お酒を飲んだ次の日に、なんだか頭も痛いし、寒気がするし、体の震えを感じて風邪を引いたかもなんて思ったことはありませんか? 二日酔いと体の震えには、風邪とは違った密接な関係があります。

蜂蜜と生姜を溶かした湯

風邪を引いた時に、体を温めるために生姜湯を飲んだことがあると思います。 また、元気の源として蜂蜜を含んだ健康食品を巷で見かけることが多いでしょう。

no image
禁煙は50歳からでも遅くない

禁煙をすることによって、長い目で見ると、がんなどにかかる危険性が低下するだけでなく、禁煙した瞬間から健康にとっても有用な効果があります。

二日酔いに効果のあるツボ

お酒が大好きで、大量に飲んでしまう人は避けて通れない二日酔い。その不快な症状を改善する為にドリンク剤に頼る方も多いと思います。いくら二日酔いに効く食べ物や飲み物を摂ってもなかなか改善しない・・・。

二日酔いの予防と解消方法

二日酔いにならないために、または既になってしまったけどなんとかしたいなど、 お酒を楽しく飲むための方法を、事前対策・最中対策・事後対策の3つに分けてご紹介します。

ウコンでアルコールの分解を促進

歓送迎会や今日は飲みそうだなといった日には、お酒を飲む前に必ずウコンの入ったドリンクを一気飲みしている姿を良く見ますね。

二日酔いに効く柿の効果

柿は日本原産の果物として知られています。 昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、に含まれる栄養価は高いとされています。

飲む前に食べる梅干で二日酔い予防

日本食の定番の梅干は、健康ブームである昨今、その効能が大きく取り上げられています。 日本人のみならず、世界での定番食となる日も近いのではないでしょうか。

肝臓の働きを助長するシジミの味噌汁

二日酔いになった時に味噌汁を飲むと良いという話は多くの人が知っている解消法の一つではないでしょうか?