知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい
のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。


粘液が少ないと病原菌の侵入を防ぐことができななくなってしまうのです。
また、緊張状態やストレスを感じている時は唾液の分泌が減少します。
唾液の分泌が少ないと細菌が体内に侵入しやすくなるので、このような時は注意が必要です。
■免疫力のセルフチェック
粘膜での免疫力の状態を簡単にチェックする方法があります。まず、割っていない割り箸を用意し、割り箸の持ち手側(3~4cm)を舌に貼り付けます。
そして、1分以内に割り箸が落ちると唾液量が少ない可能性が高いと言えます。
ただし、飲食後30分間は唾液の分泌が活発になるため、正確な値がでないので避けましょう。
もし、このチェックで唾液の分泌が少ないという結果が出た方も以下のマッサージで唾液の分泌を簡単に活発にすることができます。
喉の付け根と先端の真ん中にある柔らかい部分(骨の内側)を人差し指で押さえ、くるくるとマッサージします。力を入れすぎないように注意しましょう。
ここは唾液腺の1つ顎下腺があるところで、ここをマッサージすると唾液腺が刺激され唾液の分泌が促進されるのです。
■免疫を高める食材
果物や野菜が自分達を守るために作り出す自己防衛成分に免疫を高める効果があります。
黄、緑、赤、オレンジ、紫、白、黒と7種類の食材のうち、免疫力を高める効果があるのは赤、白、オレンジの3食です。
赤の食材に含まれるリコピンやカプサイシン、白の食材に含まれるケルセチン、オレンジの食材に含まれるβ-カロチンなどは、免疫細胞が働きやすい環境を作り出してくれるのでこれらを摂取することは免疫力を高めるのに効果的です。
唐辛子(赤)、ネギ(白)、にんじん(オレンジ)入りのキムチ鍋やトマト(赤)、玉ねぎ(白)、にんじん(オレンジ)入りのミネストローネなどは赤、白、オレンジの3種類のをまとめて摂れるので免疫力を高める食事であると言えます。
また、免疫力を高めるには身体を温めることが重要です。特にお腹、お尻、太ももを温めるとより効率よく免疫力を高めることができます。
この3箇所の周りにはリンパ節や太い血管が集中しています。免疫細胞はリンパ節に多く存在するためこれらの部位を温めると免疫細胞がすぐに活性化します。
また、太い血管が集中しているため身体の隅々まで熱が届きやすく体温が上昇し、循環が良くなれば摂取した成分も身体中にきちんと届けられます。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。