知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

蜂蜜と生姜を溶かした湯

蜂蜜と生姜を溶かした湯

風邪を引いた時に、体を温めるために生姜湯を飲んだことがあると思います。
また、元気の源として蜂蜜を含んだ健康食品を巷で見かけることが多いでしょう。


生姜湯だけではのみづらいために、蜂蜜を入れて飲んだりすることがあると思いますが、その二つを組み合わせたものは、二日酔いに効果覿面なのです。

蜂蜜と生姜を溶かした湯の効果

生姜の効果
生姜を食べると、辛味を感じます。
その辛味成分は、ジンゲロールと呼ばれ、吐き気をとめる作用があるといわれています。
この成分は、血行を促進させて体を温めたり、心身代謝を活発にしたりします。
ダイエットに効果があるといわれるのはこういった作用によるものといえます。
また、ジンゲロールはセロトニンという神経伝達物質を抑制する作用があり、この作用により嘔吐や吐き気が抑えられるので、二日酔いに効果的だといわれるのです。

蜂蜜の効果
アメリカの「全米頭痛財団」が公表している研究報告の内容によると、ハチミツには希少な果糖の一種が含まれており、その果糖にアルコールの分解を促進する作用があり、頭痛を軽減させる」と科学的検証が述べられています。
また、ハチミツに含まれる果糖には、肝臓内のアルコール分解を助け、血中のアルコール濃度を下げる働きを持っています。
さらにハチミツに含まれるコリンやパントテン酸は肝臓を強化する作用があるといわれています。
このことから、二日酔いの防止や解消にとても効果的だといえるでしょう。

 - 飲酒・喫煙

  関連記事

二日酔いに効く柿の効果

柿は日本原産の果物として知られています。 昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、に含まれる栄養価は高いとされています。

no image
アルコールの作用を理解した正しいお酒の飲み方

お酒を適度に飲むことは体にいいと言われていますが、飲む量を間違えてしまうと体に様々な弊害をおこします。 アルコールの作用を理解し、正しくお酒を飲みましょう。

肝臓の働きを助長するシジミの味噌汁

二日酔いになった時に味噌汁を飲むと良いという話は多くの人が知っている解消法の一つではないでしょうか?

筋トレやランニングなどの運動は二日酔いに効果がある?

飲み過ぎてしまった場合には、二日酔いで翌日になっても吐き気や頭痛が収まらないような状態になる場合があります。

二日酔いによるのどの渇きの症状と原因

お酒を飲んだ日に、のどの渇きで目を覚ますことはありませんか? 特に夏の暑い日は、酔っ払ってクーラーをつけたまま寝てしまい、のどの渇きだけに留まらず、朝起きると口の周りがひび割れてしまうほどになってしまうこともしばしばあるかと思います。

二日酔いの予防と解消方法

二日酔いにならないために、または既になってしまったけどなんとかしたいなど、 お酒を楽しく飲むための方法を、事前対策・最中対策・事後対策の3つに分けてご紹介します。

二日酔いでの頭痛や目の痛みの症状と原因

飲みすぎた翌日に必ず後悔のきっかけを与えてくれる二日酔い。 誰でもなりたくてなるわけでもなく、気をつけていたつもりでもつい楽しくてうっかり飲みすぎてしまうことがあると思います。

二日酔いでの胸のむかつきの症状と原因

お酒を飲んだ次の日になんだか気持ち悪くてトイレの往復はするものの、吐けない。 しゃっくりが続いて、そのたびに食べたものが胃の中をぐるぐると回っていて感じる胸のむかつき。

飲む前に食べる梅干で二日酔い予防

日本食の定番の梅干は、健康ブームである昨今、その効能が大きく取り上げられています。 日本人のみならず、世界での定番食となる日も近いのではないでしょうか。

大根おろしでビタミンCを補給

さんまの塩焼き等、和食の付け合せや薬味として利用されることが多い大根おろし。 その成分が二日酔いに効くことをご存知ですか?