知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

ウコンでアルコールの分解を促進

ウコンでアルコールの分解を促進

歓送迎会や今日は飲みそうだなといった日には、お酒を飲む前に必ずウコンの入ったドリンクを一気飲みしている姿を良く見ますね。


ウコンは室町時代に日本にもたらされたといわれ、江戸前期には沖縄をとおして各地にひろがったようです。
また、沖縄では、肝臓に効くとして、昔から料理に使用したり、お茶と一緒に飲んでいます。

ウコンをお酒を飲む前に摂ると二日酔いを防ぐことができます。
また、二日酔いになってしまっても、胃の蠕動運動や胆汁酸の分泌を促進し、二日酔いに効果があります。
コンビニなどでウコン入り飲料が手軽に買えるので、飲みすぎた日は帰宅途中にコンビニに寄り、ウコン飲料を買っておくといいでしょう。

ウコンの効果
ウコンに含まれるクルクミンは、アルコールの分解速度を速める作用があります。
アルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドになりますが、クルクミンは、そのアセトアルデヒドの分解を約50%促進するといわれています。
クルクミンには肝機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用があります。
そのため、胆炎などの肝機能障害に有効な成分と言われています。
クルクミンを多く含む秋ウコンを摂ることで、アルコールの分解を促進してくれますので、二日酔い対策の商品として販売されているのでしょう。
アルコールの分解を促進してくれるということは、肝臓への負担を減らしてくれるとも言えるでしょう。

 - 飲酒・喫煙

  関連記事

二日酔いによるのどの渇きの症状と原因

お酒を飲んだ日に、のどの渇きで目を覚ますことはありませんか? 特に夏の暑い日は、酔っ払ってクーラーをつけたまま寝てしまい、のどの渇きだけに留まらず、朝起きると口の周りがひび割れてしまうほどになってしまうこともしばしばあるかと思います。

二日酔いの予防と解消方法

二日酔いにならないために、または既になってしまったけどなんとかしたいなど、 お酒を楽しく飲むための方法を、事前対策・最中対策・事後対策の3つに分けてご紹介します。

筋トレやランニングなどの運動は二日酔いに効果がある?

飲み過ぎてしまった場合には、二日酔いで翌日になっても吐き気や頭痛が収まらないような状態になる場合があります。

二日酔いに効果のあるツボ

お酒が大好きで、大量に飲んでしまう人は避けて通れない二日酔い。その不快な症状を改善する為にドリンク剤に頼る方も多いと思います。いくら二日酔いに効く食べ物や飲み物を摂ってもなかなか改善しない・・・。

大根おろしでビタミンCを補給

さんまの塩焼き等、和食の付け合せや薬味として利用されることが多い大根おろし。 その成分が二日酔いに効くことをご存知ですか?

二日酔いに効く柿の効果

柿は日本原産の果物として知られています。 昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、に含まれる栄養価は高いとされています。

蜂蜜と生姜を溶かした湯

風邪を引いた時に、体を温めるために生姜湯を飲んだことがあると思います。 また、元気の源として蜂蜜を含んだ健康食品を巷で見かけることが多いでしょう。

二日酔いでの胸のむかつきの症状と原因

お酒を飲んだ次の日になんだか気持ち悪くてトイレの往復はするものの、吐けない。 しゃっくりが続いて、そのたびに食べたものが胃の中をぐるぐると回っていて感じる胸のむかつき。

お酒を飲む前の牛乳はアルコールの吸収を遅らせる

昔はお酒を飲む前に牛乳を飲むと、胃に牛乳の粘膜が張られて深酔いを避けることができるといわれていましたが、その科学的根拠は特に無いそうです。

飲む前に食べる梅干で二日酔い予防

日本食の定番の梅干は、健康ブームである昨今、その効能が大きく取り上げられています。 日本人のみならず、世界での定番食となる日も近いのではないでしょうか。