知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。


ノロウイルスは感染力が強く、微量でもウイルスが体内に入ると急速に増殖します。腸内で増え、嘔吐や激しい下痢を起こす。治療薬はなく水分補給などの対症療法しかありません。通常2~3日で治まるが、高齢者や小児は重症になることがあります。
食中毒といえば、湿気の多い梅雨時に多く発生するというイメージがありますが、じつは必ずしもそうではありません。
梅雨時や夏の食中毒は「細菌性」、鮮度の落ちた食品の中で繁殖した細菌が体内に入ることによって発症するものですが、
ウイルスが原因の食中毒は、冬に大部分が発生しているんです。 その原因の9割以上を占めるのが「ノロウイルス」。
経口感染により、嘔吐や下痢などの胃腸炎症状を引き起こすウイルスです。
ウイルスは、ほかの食中毒を起こす細菌(大腸菌など)と違って、食品やまな板・食器などに付着した状態で増殖することはありません。細菌とは異なり、生命体の細胞内で増殖して繁殖する性質を持っています。食品の鮮度や環境の清潔度には関係ないのです。
ウイルスの付着した食品を食べた人の小腸の中で増殖し、糞便や吐瀉物とともに排泄・拡散します。
ノロウイルス感染症の場合、そのおう吐物や下痢便には、ノロウイルスが大量に含まれています。そしてわずかな量のウイルスが体の中に入っただけで、容易に感染します。また、ノロウイルスは塩素系の消毒剤(ピューラックス、ミルトンなど)や家庭用漂白剤(ハイター、ブリーチなど)でなければ効果的な消毒はできません。取り扱いには注意が必要です
ノロウイルスは、乳幼児からお年寄りまで、幅広い年齢層で感染・発症するため、集団発生を起こしやすく、特に用心が必要です。
ノロウイルスの集団発生は、12月から2月をピークとして、春いっぱい(5~6月くらいまで)見られることがあります。
日常生活でのノロウイルス対策
やはり手洗いが重要です。手洗いによってノロウイルスを失活化する事は出来ませんが、手の脂肪等の汚れを落とす事によってウイルスを手指から剥がれ易くする効果があります。
(1)トイレに入った後
(2)調理をする前
(3)食事の前
(4)介護等お世話をする前
自分では十分に手洗いを行っていても、食品を通じて感染する場合もあるので要注意。特に調理を担当する人は調理前・配膳前の手洗いを徹底し、貝類など加熱が必要な食品は中心部までしっかりと加熱するようにします。
時計や指輪などを外し、袖口をまくる。手をぬらし、石けんを泡立てながら手のひらをよく洗う。
次に手の甲を洗う。伸ばすようにして指の間もよくこする。指先と爪の間を洗う。
もう一度手を合わせ、指の間を内側からも洗う。親指は、付け根からにぎってねじりながら洗う。最後に手首も忘れずに洗う。
石けんをよく流す。それと、タオルの共用は厳禁です。
調理をする場合、ノロウイルスに感染された方が調理した際に、ノロウイルスが食べ物に混入され、食べた方が感染すると言う事例が多く出ています。
特に、小さなお子さんを持つお母さんや、お年寄りなどを介護されている方は調理をする際に料理が十分過熱されているか確認しましょう。
また、使用した調理器具等は使用後、消毒、殺菌しましょう。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。