知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

冬の冷え症対策

■冷え症の原因
女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。


冷え性(冷え症)とは何かというと、特定の病名を指すわけではなく、「体の特定の部分だけが冷たく、不快に感じられる状態」のことで、通常6ヶ月以上続く場合をいいます。
気温が下がれば、誰でも寒いと感じるのは自然ですが、冷え性の人は、その感じ方がとても敏感で、著しい不快感を伴い、しかも一度冷えるとなかなか温まらないという特徴があります。
血液ががドロドロ、ネバネバの状態だと栄養の補給や、老廃物の排出が滞ってしまい手足の先の細い血管に血が流れにくくなるので冷えを感じるのです。
冷たい飲み物の取りすぎ、水分代謝の異常や、胃腸機能の低下によるもので、水分過多によっても体は冷えてしまいます。
運動不足だと血液を流す力が弱くなってしまい、血行不良になってしまいます。体を温める熱を発生するのは、主に全身の筋肉。運動不足で筋肉が細くなったり、ダイエットなどで新陳代謝が落ちていると、熱を生み出す力が弱まってしまいます。生み出す熱が少なければ、いくら厚着をしても温まらないのです。ですから「温まりやすい体」になるために普段からの」運動をこころがけましょう。
■冷え症対策
適度な運動を心がけましょう。
なかなか運動する時間をとるのが難しければエレベーターを使わず階段を上がったり、普段歩くときに歩き方に気をつけるとよいでしょう。
効果的に新陳代謝を上げるためには、体の大きな筋肉を鍛える腹筋や背筋を鍛える運動や、足のポンプ力を高めるスクワットなどもおすすめです。
ただし筋肉を鍛える運動をしたら、その後にはストレッチをして筋肉が固まるのを防いでおきましょう。
体を温める陽性の食品を食べましょう。
どんなに体を外から温めても、体の中が冷たくては効果がありません。陽性の食品をとって食べ物から得るエネルギーで体を温めて、体質を変えていくことを「食養生」といいます。良く燃えて、体を温めてくれるような食品を取っていくことで、冷え性のつらさも徐々に改善されてくるでしょう。
太陽の恵みを蓄えた食品を取り込むことで、体にエネルギーを補給します。簡単な見分け方としては色が濃い食品や、寒い地方の人が好む食品だと覚えるとよいでしょう。
体を温めてくれる食べ物
・しょうが
・ねぎ
・にんにく
・梅干黒焼き 等
コーヒーやお茶はどれもが体を温めてくれるとは限らないのです。
緑茶やコーヒーは基本体を冷やしますが、発酵させてあるお茶(紅茶、烏龍茶、プーアール茶など)は、体を温めてくれます。身体を温めてくれるお茶は、「発酵」したお茶と覚えておくといいでしょう。発酵が進んだお茶ほど、温める作用が強くなりますよ。
また、お茶は野菜と違って洗ったりしていませんから、無農薬のものを選ぶようにすると、より健康にも良いと思います。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。