知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係
ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。


まず、心筋梗塞などの虚血性心疾患による死亡率が、たばこを 吸わない人の何と2倍!!そして、その原因の3割~4割が、喫煙によるもの!とされているという統計があります。
ご承知のように、心疾患の多くは心臓付近の血管に血栓という血の塊ができてしまい、それが血液を通せんぼして、心臓に血液が流れなくなることによって起きてしまいます。
これは明らかに、たばこが血液の流れを悪くし、血栓を作り出す原因となっています。これが脳の中で起きると脳こうそくを引き起こします。
元々糖尿病というのは、血液の流れが悪くなる病気です。血糖値の高い(糖分の多い)血液は、かなりドロドロしていて、ただでさえ血管の中で流れにくい状態ですね。
この状態を、「砂糖水の法則」と私は呼んでいるのですが、普通の水はコップを傾けると、勢いよく流れていきます。でも、砂糖がたっぷり入った砂糖水はどうでしょうか?流れ落ちるのに時間がかかりますよね。砂糖の量が多ければ多いほど、そうです。時々飲み終わったコーヒーのカップの底に溜まっているのがありますよね。ああいう感じです。血糖値が高いというのは、血液中の糖分が多いということですから、砂糖水のように当然ドロドロと流れが悪くなります。
ですので、元々流れにくい血液に、追い討ちをかけるように、タバコによってさらにドロドロ度が増し、血液が一層流れにくくなってしまうのです。これは本当に危険なことなんです。
では、なぜタバコは血液の流れを悪くするのか、それを少し考えてみましょう。
バコを吸うということは、簡単に言うと煙を体内に取り入れていることと同じです。つまりからだに一酸化炭素を送りこんでいるのです。
一酸化炭素は、要するに火事の時の煙と同じです。ハンカチを口に当てて、必死で煙を吸い込まないようにしますよね。それは、一酸化中毒にならないためです。
でも、たばこはその同じ一酸化炭素を吸う事になるんです!ある説では、1本のたばこには、致死量の20分の1の一酸化炭素が含まれていると言われています。
では、一酸化炭素を吸うことが、糖尿とどお関係があるのでしょうか……
血液の中の成分に赤血球という物がありますね。さらに赤血球の中に、ヘモグロビンという物が存在しています。
ヘモグロビンは通常、酸素とくっついています。そして、血液が体の中を巡るときに、ヘモグロビンとくっついている酸素も一緒に運んでくれている訳です。
そのお陰で、体中の細胞に酸素が行き巡り、健康な状態を保つことが可能になっているのです。
でも!この一酸化炭素は、酸素の200倍以上の強い力で、ヘモグロビンと結合してしまうのです。つまり、一酸化炭素は、酸素がヘモグロビンと結合するのを邪魔してしまうのです。そして、酸素の代わりに、一酸化炭素が体中を巡ってしまう事になる訳です。
一酸化炭素が結合した赤血球が血管内を巡ることにより、体中の細胞は酸素が欲しいのに、一酸化炭素が運ばれてしまいますから、細胞は酸素が足りなくなります。
そうすると体は異変を察知して、酸素と結合させるために、もっと多くの赤血球を作り出します。そうすると当然血液中の赤血球の量が増えますが、血液中の成分バランスが崩れ、いわゆるドロドロした血液になり、これが流れにくい血液となり、そして血栓(血の塊)ができやすい状態になってしまいます。
でも、タバコを吸い続けると、せっかく新たに作り出した赤血球も、酸素ではなくまた一酸化炭素と結合されてしまうので、また体は多く赤血球を作り出しさらにドロドロに……、と悪循環に陥ってしまいます。
それで、タバコは血液中の赤血球の量を増やし、それが心筋こうそくや脳こうそくなどの合併症の原因となる、と言えます。
さらに、タバコの害を語る際によく言われるのが、ニコチンです。ニコチンはどのように血液の流れを悪くして、合併症の原因となるのでしょうか。
ニコチンは、実は血小板をベタつかせるという作用があるのです。血小板とは、血液の成分の一部ですが、元々互いにくっつきやすいという性質があるんですね。元々くっつきやすいのに加えて、ニコチンにより、さらに粘着度が増し、結合力も増してしまいます。
小さな血小板が、1個くっつき、倍の大きさになり、もう1個くっついて3倍になりと、どんどんどんどん結合していくと、大きな血栓(血の塊)になり、それが血液の流れを止めて通せんぼしてしまいます。そして、心筋こうそくや脳こうそくなどの、重大な合併症につながっていくんですね。

 - 病気・健康対策 , , , ,

  関連記事

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しま …

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。