知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。
腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要するため早めの処置が必要です。


■腱鞘炎とは
腱鞘炎は毎日のように同じ動作を何時間も続けることが原因で、指や手首に痛みが走ります。
手の動きのメカニズムは、指や手を動かすときに筋肉と連動して腱を動かすことで指や手を曲げ伸ばししています。
腱が正しく働くように骨と腱を支える役割をしているのが腱鞘(けんしょう) というサヤです。この腱と腱鞘(けんしょう)がこすれあって炎症を起こし痛みをもたらす症状を腱鞘炎といいます。
腱と腱鞘(けんしょう)は年を重ねる毎にかたくなり血行がわるくなるため、症状を発祥しやすく尚且つ回復にも時間を要します。

■指に起こる腱鞘炎「ばね指」
マウスのクリックで指を使いすぎると、指を伸ばそうとしたときに、カクンとばねのようにはじかれる症状がでます。このまま放置していると次第に指の曲げ伸ばしの際に痛みを伴います。
一度発症すると再発しやすくなるため、指がこわばっているなど、違和感を感じたときはそのままにせず、早めに処置を行いましょう。
軽症のうちは、痛みがある部分にテーピングをすることで痛みを緩和できます。それでも痛みが続く場合は、医師の診察を受けましょう。

■手首に起きる腱鞘炎「ドケルバン病」
一日に何時間もキーボードを打つことにより、手首に強い負荷がかかるため手首の腱鞘炎になることがあります。
ドケルバン病かどうかを知るには、親指を内側に入れて軽くゲンコツをつくります。そしてゲンコツを左右にゆっくり回転させてみて、手首のあたりに違和感や痛みがあれば注意が必要です。
手首の腱鞘炎の場合も、軽症のうちならテーピングが効果的です。
親指をひらいたときに浮き上がる筋のすぐ下、手の甲と手首の境あたりにテープを軽く巻き(1~2周)、固定します。痛みが続く場合は早めに受診することが大切です。

■腱鞘炎の予防
腱鞘炎は一度発症すると完治するまでに時間がかかり、再発を繰り返します。指や手首に違和感を感じたときは早めに予防することが大切です。
仕事で何時間もパソコンを使用する場合、一時間に一度は休憩ををとり、指や手を休めましょう。また腕を回し、血行をよくしましょう。
キーボードやマウスをクリックするときも強く押しすぎず、軽いタッチで打つように心がけましょう。画面の文字を読んでいるときは、マウスやキーボードから手を離すようにするだけでも手を休ませることができます。
パソコンを長時間使用した後は、患部を冷やすことで炎症を抑えることができます。野球のピッチャーが試合後にアイシングをすることと同じ原理です。
既に痛みが出ている場合には、患部を温め血行をよくすることで痛みを和らげることができます。
この「冷やす・温める」ことが自分の症状に合っていない場合、さらに炎症部分の痛みを増幅させることになります。
きちんと活用することで、腱鞘炎の症状を少しでも軽減させるようにしましょう。

 - 生活習慣病, 病気・健康対策

  関連記事

no image
高脂血症は遺伝する

高脂血症は血液の中性脂肪やコレステロール値が高い「ドロドロの血」のことです。 高脂血症になると動脈硬化を併発しやすくなります。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
高血圧の予防に欠かせないもの

日本人の4人に1人が患っているといわれる高血圧。現代人にとって、もはや無視することはできない生活習慣病です。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
酵素で病気予防

糖尿病、高血圧など生活習慣病は私達の身体にとってとても重大な病気の一つだと思います。生活習慣病を発症させることにより、動脈硬化を誘発します。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。