知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。
腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要するため早めの処置が必要です。


■腱鞘炎とは
腱鞘炎は毎日のように同じ動作を何時間も続けることが原因で、指や手首に痛みが走ります。
手の動きのメカニズムは、指や手を動かすときに筋肉と連動して腱を動かすことで指や手を曲げ伸ばししています。
腱が正しく働くように骨と腱を支える役割をしているのが腱鞘(けんしょう) というサヤです。この腱と腱鞘(けんしょう)がこすれあって炎症を起こし痛みをもたらす症状を腱鞘炎といいます。
腱と腱鞘(けんしょう)は年を重ねる毎にかたくなり血行がわるくなるため、症状を発祥しやすく尚且つ回復にも時間を要します。

■指に起こる腱鞘炎「ばね指」
マウスのクリックで指を使いすぎると、指を伸ばそうとしたときに、カクンとばねのようにはじかれる症状がでます。このまま放置していると次第に指の曲げ伸ばしの際に痛みを伴います。
一度発症すると再発しやすくなるため、指がこわばっているなど、違和感を感じたときはそのままにせず、早めに処置を行いましょう。
軽症のうちは、痛みがある部分にテーピングをすることで痛みを緩和できます。それでも痛みが続く場合は、医師の診察を受けましょう。

■手首に起きる腱鞘炎「ドケルバン病」
一日に何時間もキーボードを打つことにより、手首に強い負荷がかかるため手首の腱鞘炎になることがあります。
ドケルバン病かどうかを知るには、親指を内側に入れて軽くゲンコツをつくります。そしてゲンコツを左右にゆっくり回転させてみて、手首のあたりに違和感や痛みがあれば注意が必要です。
手首の腱鞘炎の場合も、軽症のうちならテーピングが効果的です。
親指をひらいたときに浮き上がる筋のすぐ下、手の甲と手首の境あたりにテープを軽く巻き(1~2周)、固定します。痛みが続く場合は早めに受診することが大切です。

■腱鞘炎の予防
腱鞘炎は一度発症すると完治するまでに時間がかかり、再発を繰り返します。指や手首に違和感を感じたときは早めに予防することが大切です。
仕事で何時間もパソコンを使用する場合、一時間に一度は休憩ををとり、指や手を休めましょう。また腕を回し、血行をよくしましょう。
キーボードやマウスをクリックするときも強く押しすぎず、軽いタッチで打つように心がけましょう。画面の文字を読んでいるときは、マウスやキーボードから手を離すようにするだけでも手を休ませることができます。
パソコンを長時間使用した後は、患部を冷やすことで炎症を抑えることができます。野球のピッチャーが試合後にアイシングをすることと同じ原理です。
既に痛みが出ている場合には、患部を温め血行をよくすることで痛みを和らげることができます。
この「冷やす・温める」ことが自分の症状に合っていない場合、さらに炎症部分の痛みを増幅させることになります。
きちんと活用することで、腱鞘炎の症状を少しでも軽減させるようにしましょう。

 - 生活習慣病, 病気・健康対策

  関連記事

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
女性に多い骨粗しょう症

骨粗鬆症は高齢化社会に向かう現代日本で早急に対策が必要な生活習慣病です。骨密度を保ち、骨粗鬆症を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
酵素で病気予防

糖尿病、高血圧など生活習慣病は私達の身体にとってとても重大な病気の一つだと思います。生活習慣病を発症させることにより、動脈硬化を誘発します。