知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。


詳しく言えば「急性の脳血管障害」で医学的には「脳血管発作」のことで、脳梗塞や脳出血なども当てはまります。
脳卒中は突然起こる場合が多く、適切な治療を早急に行なわなければ後遺症も大きくなり命に関わる事態に発展しやすいのが特徴です。
■発症の原因
脳卒中の原因として大きな比重を占めているのが動脈硬化です。
動脈硬化を起こした血管に発生する血栓は、血流によって破砕され他の血管に押し流される性質があります。
脳に血液を送り込む脳血管は他の血管に比べて細く、流されてきた血栓によって閉塞しやすいという弱点があります。
つまり、動脈硬化を発症することは脳卒中の発病リスクが高まり大きな影響を与えているのです。
■症状について
脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。
脳卒中を引き起こすと、血管障害を起こした血管に繋がっている脳組織が傷つきます。
脳組織にダメージが及ぶと、脳組織が司っていた身体の機能が働きにくくなります。
また、血管が繋がっている脳組織だけでなくその周辺の脳組織も機能しなくなります。
一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間、言葉が出てこなくなったりといった前触れが先に起きていることもある。
これは脳の血管が一時的に詰まるために起こるもので、これに気づいた時は事前に病院にいき診察してもらいましょう。しかし兆候に気づかないことも多くあります。
治療によって脳血管の血流を確保できても、ダメージを受けた脳組織は完全には回復しないため脳卒中の患者は後遺症に悩まされることになるのです。
■治療と予防
脳卒中を予防する上で重要なのが、高血圧の予防です。
高血圧は動脈硬化の原因となるだけでなく、脆い脳血管を破損させてしまう原因にもなるのです。
高血圧の原因は、塩分の取りすぎや肥満など食習慣に関係するものです。
塩分量を控える為には、出汁を多めにとって薄味にするよう心がけましょう。

 - 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。