知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。


詳しく言えば「急性の脳血管障害」で医学的には「脳血管発作」のことで、脳梗塞や脳出血なども当てはまります。
脳卒中は突然起こる場合が多く、適切な治療を早急に行なわなければ後遺症も大きくなり命に関わる事態に発展しやすいのが特徴です。
■発症の原因
脳卒中の原因として大きな比重を占めているのが動脈硬化です。
動脈硬化を起こした血管に発生する血栓は、血流によって破砕され他の血管に押し流される性質があります。
脳に血液を送り込む脳血管は他の血管に比べて細く、流されてきた血栓によって閉塞しやすいという弱点があります。
つまり、動脈硬化を発症することは脳卒中の発病リスクが高まり大きな影響を与えているのです。
■症状について
脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。
脳卒中を引き起こすと、血管障害を起こした血管に繋がっている脳組織が傷つきます。
脳組織にダメージが及ぶと、脳組織が司っていた身体の機能が働きにくくなります。
また、血管が繋がっている脳組織だけでなくその周辺の脳組織も機能しなくなります。
一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間、言葉が出てこなくなったりといった前触れが先に起きていることもある。
これは脳の血管が一時的に詰まるために起こるもので、これに気づいた時は事前に病院にいき診察してもらいましょう。しかし兆候に気づかないことも多くあります。
治療によって脳血管の血流を確保できても、ダメージを受けた脳組織は完全には回復しないため脳卒中の患者は後遺症に悩まされることになるのです。
■治療と予防
脳卒中を予防する上で重要なのが、高血圧の予防です。
高血圧は動脈硬化の原因となるだけでなく、脆い脳血管を破損させてしまう原因にもなるのです。
高血圧の原因は、塩分の取りすぎや肥満など食習慣に関係するものです。
塩分量を控える為には、出汁を多めにとって薄味にするよう心がけましょう。

 - 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。