知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。


詳しく言えば「急性の脳血管障害」で医学的には「脳血管発作」のことで、脳梗塞や脳出血なども当てはまります。
脳卒中は突然起こる場合が多く、適切な治療を早急に行なわなければ後遺症も大きくなり命に関わる事態に発展しやすいのが特徴です。
■発症の原因
脳卒中の原因として大きな比重を占めているのが動脈硬化です。
動脈硬化を起こした血管に発生する血栓は、血流によって破砕され他の血管に押し流される性質があります。
脳に血液を送り込む脳血管は他の血管に比べて細く、流されてきた血栓によって閉塞しやすいという弱点があります。
つまり、動脈硬化を発症することは脳卒中の発病リスクが高まり大きな影響を与えているのです。
■症状について
脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。
脳卒中を引き起こすと、血管障害を起こした血管に繋がっている脳組織が傷つきます。
脳組織にダメージが及ぶと、脳組織が司っていた身体の機能が働きにくくなります。
また、血管が繋がっている脳組織だけでなくその周辺の脳組織も機能しなくなります。
一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間、言葉が出てこなくなったりといった前触れが先に起きていることもある。
これは脳の血管が一時的に詰まるために起こるもので、これに気づいた時は事前に病院にいき診察してもらいましょう。しかし兆候に気づかないことも多くあります。
治療によって脳血管の血流を確保できても、ダメージを受けた脳組織は完全には回復しないため脳卒中の患者は後遺症に悩まされることになるのです。
■治療と予防
脳卒中を予防する上で重要なのが、高血圧の予防です。
高血圧は動脈硬化の原因となるだけでなく、脆い脳血管を破損させてしまう原因にもなるのです。
高血圧の原因は、塩分の取りすぎや肥満など食習慣に関係するものです。
塩分量を控える為には、出汁を多めにとって薄味にするよう心がけましょう。

 - 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。