知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。
その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。


喘息は、幼児期に発祥するアトピー型と大人になってから発祥する非アトピー型の2種類にわかれます。
今回は非アトピー型について紹介します。

■喘息の発作が秋に増加する理由は
秋になると昼と夜の気温差が大きくなることや、ウイルス感染、気圧の変化、これらが重なる季節のため一年で一番発作が増加する季節といわれています。
昼と夜の気温差が大きくなると気管支は気温が急激に低下し、収縮しやすくなるため発作が起こりやすくなります。
また、夏から秋にかけてやってくる台風は急激に気圧の低下を招きます。喘息の患者さんは気圧の変化が、気管支を刺激して発作を起こしやすくします。
台風でなくても雨を降らす低気圧の接近で気圧は下がりますので、雨の降る前日は発作が起こりやすいといいます。
また風邪は喘息を誘引となりますので、風邪が長引いてなかなか治らない場合は喘息を発祥している可能性があるため、早めに医師の診察を受けましょう。

■喘息の症状
喘息の症状は咳、喘鳴、呼吸困難を起こす病気です。気管支のまわりにある平滑筋がけいれんを起こし、収縮します。気管支の粘膜は腫れ、さらにその粘膜からの分泌物が増加し、気管支の中の空気が通る道は狭い状態になっています。
このように、狭くなった気管支を空気が通るためにゼーゼーという音が聞こえるわけです。そして発作がたびたび重なると呼吸困難を引き起こします。歩くこともできず、睡眠、食事にも影響を及ぼします。大きな発作が出た場合は早い段階で病院で診察してもらいましょう。

■喘息の予防
・できる限り、大きな気温変化を避ける。
・じゅうたんや毛布、羽毛ふとんはできるだけ避け、掃除は頻繁に行う。
・風邪を引かないよう注意する。
風邪やインフルエンザなどのウイルスに感染すると、喘息の発作が起こりやすくなります。外出から帰った時には、まずうがいをすることが大切です。
タバコは喘息の悪化因子です。喘息に限らず、気管支や肺に病気を持った方は禁物です。また、たき火や花火、蚊取り線香などの煙も気管支を刺激しますので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
喘息の患者さんの約10%が、鎮痛解熱剤を使うと発作を起こします。特に、中高年の女性に多いといわれています。これをアスピリン喘息といいます。アスピリンだけでなく、ほとんどの鎮痛解熱剤が問題となります。

 - ストレス・こころの病・鬱, 病気・健康対策 , , , , , ,

  関連記事

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。

no image
人には聞けない痔の悩み

痔(じ)は、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ることなどによって発生する疾患の総称です。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
人間には適度なストレスが必要不可欠

ストレスがありすぎるのはよくありませんが、ストレスを感じるということは生きている証拠です。 不安な気持や不満がなければ努力は生まれません。疲れを感じなければ働き過ぎて体を壊します。痛さ・暑さ・寒さを感じなければ身を守る事を忘れてしまいます。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …