知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。
その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。


喘息は、幼児期に発祥するアトピー型と大人になってから発祥する非アトピー型の2種類にわかれます。
今回は非アトピー型について紹介します。

■喘息の発作が秋に増加する理由は
秋になると昼と夜の気温差が大きくなることや、ウイルス感染、気圧の変化、これらが重なる季節のため一年で一番発作が増加する季節といわれています。
昼と夜の気温差が大きくなると気管支は気温が急激に低下し、収縮しやすくなるため発作が起こりやすくなります。
また、夏から秋にかけてやってくる台風は急激に気圧の低下を招きます。喘息の患者さんは気圧の変化が、気管支を刺激して発作を起こしやすくします。
台風でなくても雨を降らす低気圧の接近で気圧は下がりますので、雨の降る前日は発作が起こりやすいといいます。
また風邪は喘息を誘引となりますので、風邪が長引いてなかなか治らない場合は喘息を発祥している可能性があるため、早めに医師の診察を受けましょう。

■喘息の症状
喘息の症状は咳、喘鳴、呼吸困難を起こす病気です。気管支のまわりにある平滑筋がけいれんを起こし、収縮します。気管支の粘膜は腫れ、さらにその粘膜からの分泌物が増加し、気管支の中の空気が通る道は狭い状態になっています。
このように、狭くなった気管支を空気が通るためにゼーゼーという音が聞こえるわけです。そして発作がたびたび重なると呼吸困難を引き起こします。歩くこともできず、睡眠、食事にも影響を及ぼします。大きな発作が出た場合は早い段階で病院で診察してもらいましょう。

■喘息の予防
・できる限り、大きな気温変化を避ける。
・じゅうたんや毛布、羽毛ふとんはできるだけ避け、掃除は頻繁に行う。
・風邪を引かないよう注意する。
風邪やインフルエンザなどのウイルスに感染すると、喘息の発作が起こりやすくなります。外出から帰った時には、まずうがいをすることが大切です。
タバコは喘息の悪化因子です。喘息に限らず、気管支や肺に病気を持った方は禁物です。また、たき火や花火、蚊取り線香などの煙も気管支を刺激しますので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
喘息の患者さんの約10%が、鎮痛解熱剤を使うと発作を起こします。特に、中高年の女性に多いといわれています。これをアスピリン喘息といいます。アスピリンだけでなく、ほとんどの鎮痛解熱剤が問題となります。

 - ストレス・こころの病・鬱, 病気・健康対策 , , , , , ,

  関連記事

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
ストレスと関わりが深い睡眠障害

現代では子供から大人まで幅広い年齢層でストレスが問題視されています。そのストレスが影響し睡眠の悩みを抱えている人が増加しています。中には自らが睡眠障害であることに気づいていない人も多いのです。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
食前・食後の胃の痛みに潜む病気とは?

食後に胃が痛む原因は、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など病気が潜んでいる可能性があります。これらを自分で判断するのは難しいため、消化器科の診察を受けることをおすすめします。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
外傷後ストレス障害PTSDの薬物療法と心理療法

大きな災害・事故・事件を体験した後、人は心に大きな衝撃を受けます。だいたいの人は時間の経過とともに心身共に落ち着いてきますが、自我が未発達な幼児や、大人でも出来事のショックがあまりに大きい場合には、大きな障害を残すことがあります。