知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

痕を残さない おしりニキビの治し方

自分では気づかないうちにできているおしりニキビ。
ニキビ痕を残さないために、事前にしっかりと対策をしましょう。


■おしりニキビの原因
おしりは下着の着用で、蒸れやすく菌が増殖しやすい環境にあります。
特にデスクワークの人は、長時間座ったままの態勢のため、更におしりが蒸れてしまうので、椅子に通気性のよいクッションをひいたり、下着も通気性の良いものを選ぶように心がけましょう。
ポリエステルやナイロンは通気性が悪いので購入時には注意をしましょう。下着のサイズが合っていない場合も過度の締め付けにより、血流が悪くなりニキビの原因につながるので、自分サイズにあった下着を着用しましょう。
おしりは、顔などに比べて皮脂分泌は少ないのですが、新陳代謝の低下や、摩擦や圧力を受けやすい場所のため角質が厚くなり、毛穴に皮脂汚れが溜まりやすくなり、ニキビができやすくなります。
また、下着のサイズが合わず必要以上の締め付けにより血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなることも原因のひとつです。
おしりは、肌も柔らかく弱い部分なので、痕も残りやすく、皮膚が硬くなったり、黒ずんだりします。おしりニキビは、腫れがあり、さわると余計に腫れてきたりします。
また顔などと比べると大きさも大きく、つぶれた時に膿(うみ)が出るなどと言った特徴もあります。

■おしりニキビの予防
お風呂できれいにあらい清潔に保つ。
汗をかいたらこまめに下着を取りかえる。
下着は通気性のいいコットン素材のものにする
長時間イスに座る場合はクッションをひく。
バランスの取れた食生活を心がける。

■おしりニキビの治療
おしりは皮膚が厚くデリケートな部分のため、ニキビ跡が残りやすいです。
椅子に座ったり、寝る時など摩擦や圧力などの刺激を受けるので、一度できてしまうとなおしにくいといわれています。
ある一定以上の大きさに育ってしまうと皮膚科治療でなければ対処できなくなってしまいます。
そのため、おしりニキビができたときは、悪化させないことが大切です。
まずは皮脂汚れをしっかり取り去り、おしり全体を常時清潔にすることが大切です。お尻は汚れが溜まりやすいので、過剰な皮脂分泌を抑制しなくてはなりません。
そのためには十分な睡眠をとり、栄養バランスを考えて食事を行い、生活習慣やリズムを整えることが必要になります。

■お肌の再生を助ける栄養素
ビタミンB2はニキビの原因になる脂質の代謝を促すので、ニキビに効果的です。
皮膚や髪の毛や眼や粘膜などの健康維持や肝臓の解毒作用などに通じる、細胞の再生や成長を促進させる働きをしています。
ビタミンB2は水溶性で、必要以上に摂取した場合は尿として排出されてしまうので、1日に数回に分けて摂取するなどしてこまめにとりたいビタミンです。

 - 睡眠, 肌の病気 ,

  関連記事

no image
気になるほくろの毛 正しい対処法

大きなほくろには毛が生える事があります。その毛は、長く太くなる場合があるため、ほくろのある場所が顔の場合、他の人の視線が気になってしまいますよね。しかし、ほくろはデリケートな組織でできているので、正しい対処法で毛を除去しましょう。

no image
とびひ(伝染性膿痂疹)の注意点

■とびひの症状 最初は水ぶくれ水疱〈すいほう〉がしばしばみられますが、すぐに破れて膿(うみ)のついたびらんになります。その後かさぶた痂皮〈かひ〉がついてきます。

no image
ほくろが増える原因は?

ほくろには、先天性のものと後天性ものとがあります。後天性のほくろは二十代以降にできたもので、紫外線の刺激や物理的な刺激によりほくろがつくられます。 女性の場合、ホルモンの量に影響を受け、妊娠中はほくろが増えたたり、濃くなったりすることもあり …

no image
外傷後ストレス障害PTSDの薬物療法と心理療法

大きな災害・事故・事件を体験した後、人は心に大きな衝撃を受けます。だいたいの人は時間の経過とともに心身共に落ち着いてきますが、自我が未発達な幼児や、大人でも出来事のショックがあまりに大きい場合には、大きな障害を残すことがあります。

no image
不眠症 薬を使わず改善しよう

睡眠には個人差が大きく、ナポレオンが3時間しか眠らなかったという逸話が有名ですが、それほどではないにしても、短い睡眠時間でぐっすり眠る人と、8時間以上眠らないとだめな人といろいろあります。

no image
ストレスと関わりが深い睡眠障害

現代では子供から大人まで幅広い年齢層でストレスが問題視されています。そのストレスが影響し睡眠の悩みを抱えている人が増加しています。中には自らが睡眠障害であることに気づいていない人も多いのです。

no image
睡眠の仕組みを知って快適な睡眠を

低血圧と寝起きの関係性 血圧は腎臓、内分泌臓器、自律神経、そして、自律神経に指令を発している脳の4つの器官で成り立っています。一方、目覚めの仕組みは内分泌臓器である副腎の髄質から分泌されるアドレナリンとノルアドレナリンが大きく関係しています …

no image
冬の乾燥による主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

no image
冬場の悩み ひび・あかぎれ・しもやけ

冬の寒い季節に手足の皮膚が乾燥し、皮膚の表面に小さな亀裂ができるのがひびです。ひびがさらに進行して深くなり、炎症をともなうとあかぎれになります。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …