知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」

■歯周病とは
昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。


歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。
そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです!
■歯周病になるとどうなるのか
歯周病のはじめの段階では歯を磨く時に出血したり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかなく、初期段階ではなかなか気づけないのです。
しかし、歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。
ほとんどの人は、この段階になってようやく歯科医院へ駆け込みます。
が、これでは手遅れなのです!!自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています。
この溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度以上進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。
歯周病の治療は、「健康だったときの状態に戻す」のではなく、「これ以上進行しないようにする」ことが目的です。
ですから、歯周病に関しては特に予防が重要になってくるのです。
■歯周病チェック
1:歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
2:口臭がするようになった
3:口の中がネバネバする
4:歯茎(歯肉)が腫れている
5:歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
6:歯茎などから膿(うみ)が出る
7:硬いものを噛むと痛い
■歯周病と喫煙
喫煙をしていると喫煙していない人に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいというデータがあります。
喫煙をしていると歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうのです。
歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいます。
しかし、タバコはやめた方が良いと分かってはいてもやめられないという人がほとんどでしょう。
そんな人は、せめて一日の喫煙本数を減らすことからでも始めてみてはいかがでしょうか?
■歯周病の予防
歯周病を予防するためには、「プラークコントロール」と「定期的なメインテナンス」が必要です。
このどちらか一方でも欠けたり不十分だったりすると、歯の健康の維持は難しくなります。

 - 歯・口 ,

  関連記事

no image
正しい歯磨きで健康な歯を

虫歯や歯周病の原因となる、プラークを取り除くには、正しいブラッシングとフロッシングがとても大切です。ここで、正しい歯の磨き方を習得しましょう。

no image
口腔セルフケアで健康維持

最近よく聞く口腔ケアという言葉は、歯や口の機能や衛生状態を維持、向上することで、生活の質を向上さるという意味をもっています。近年、口の健康維持は高齢社会を元気に過ごすための秘訣との認識が広がり、関心を高めています。

no image
自分の口臭気にかけていますか

口臭には「生理的口臭」と 「病的口臭」 があるのをご存じでしょうか? 口臭全体の大部分は、「生理的口臭」と「病的口臭」によるものといわれるくらい、この2つがいわゆる口臭の大きな要因と考えられています。

no image
歯周病対策は歯ブラシ1本

■歯周病とは 歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という病気です。

no image
虫歯は口移しでうつる!!

口の中には菌がいっぱい! 赤ちゃんが生まれるその瞬間から多くの細菌との共生が始まります。人の口の中には約300~400種の細菌が住んでいると言われ、これらの働きにより口の中の健康が維持されたり、病気が引き起こされたりするのです。