知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。
ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつのまにかできていたほくろ、1・2年で急に大きくなったほくろには、念のための注意が必要です。


■悪性のほくろの見分け方
ほくろに悪性のものがあることは、ご存じの方も多いと思います。しかし、悪性と良性の見極めが難しく、悪性のほくろの発見が遅れる多く見受けられます。
下記の点に全て当てはまる場合は、早めに医師の診察をうけ診てもらいましょう。
・左右非対称
・色が二色以上
・輪郭がぼやけている
・急に大きくなった
・直径が6mm以上
・表面がでこぼこして盛り上がっている

■悪性のほくろ(悪性黒色腫)とは
悪性黒色腫は悪性度が高く、進行速度も速いため早期発見がとても重要になります。
死亡率は、男性で60歳代、女性では70歳代から増加します。悪性黒色腫の発症はオーストラリアが最も多く、オーストラリアの人々は悪性黒色腫に関心を持ち、メラノーマの発生に注意をしています。発生場所は足のうらが最も多く、体幹、顔面、爪が続きます
悪性黒色腫を放置すると、早期に所属リンパ節(最初に発生した部位から一番近いリンパ節)に転移することが多く、さらには肺、肝臓、脳など重要な臓器に転移してしまいます。悪性黒色腫は全身どこの臓器にも転移します。進行した悪性黒色腫に対しては、外科療法の他、抗がん剤による化学療法、などいろいろな手段を組み合わせた治療が行われます。

■悪性黒色腫の治療
悪性黒色腫は他のがんと同様に早期発見、早期治療が最も重要なことです。治療は手術による外科療法です。悪性黒色腫は、皮膚転移が数ヶ所発生することが多いという特徴をもっており、初発病巣のみを小切除して放置した場合、その周囲にかなり高い確率で腫瘍が再発します。また、日本では悪性黒色腫にメスを入れたり刺激を与えることにより、転移を誘発すると考えられているため、がん細胞周囲を大きい範囲で取り除くこととなります。手術後は化学療法で、手術では取り除けなかった小さな腫瘍を殺し、転移予防を行います。

 - 病気・健康対策, 肌の病気 , , ,

  関連記事

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
冬の乾燥による主婦湿疹

家事は洗い物や洗濯など水仕事が多く、気をつけていても手が荒れてしまいますよね。そんな主婦さんが多いことから主婦湿疹と呼ばれています。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。