知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。
ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつのまにかできていたほくろ、1・2年で急に大きくなったほくろには、念のための注意が必要です。


■悪性のほくろの見分け方
ほくろに悪性のものがあることは、ご存じの方も多いと思います。しかし、悪性と良性の見極めが難しく、悪性のほくろの発見が遅れる多く見受けられます。
下記の点に全て当てはまる場合は、早めに医師の診察をうけ診てもらいましょう。
・左右非対称
・色が二色以上
・輪郭がぼやけている
・急に大きくなった
・直径が6mm以上
・表面がでこぼこして盛り上がっている

■悪性のほくろ(悪性黒色腫)とは
悪性黒色腫は悪性度が高く、進行速度も速いため早期発見がとても重要になります。
死亡率は、男性で60歳代、女性では70歳代から増加します。悪性黒色腫の発症はオーストラリアが最も多く、オーストラリアの人々は悪性黒色腫に関心を持ち、メラノーマの発生に注意をしています。発生場所は足のうらが最も多く、体幹、顔面、爪が続きます
悪性黒色腫を放置すると、早期に所属リンパ節(最初に発生した部位から一番近いリンパ節)に転移することが多く、さらには肺、肝臓、脳など重要な臓器に転移してしまいます。悪性黒色腫は全身どこの臓器にも転移します。進行した悪性黒色腫に対しては、外科療法の他、抗がん剤による化学療法、などいろいろな手段を組み合わせた治療が行われます。

■悪性黒色腫の治療
悪性黒色腫は他のがんと同様に早期発見、早期治療が最も重要なことです。治療は手術による外科療法です。悪性黒色腫は、皮膚転移が数ヶ所発生することが多いという特徴をもっており、初発病巣のみを小切除して放置した場合、その周囲にかなり高い確率で腫瘍が再発します。また、日本では悪性黒色腫にメスを入れたり刺激を与えることにより、転移を誘発すると考えられているため、がん細胞周囲を大きい範囲で取り除くこととなります。手術後は化学療法で、手術では取り除けなかった小さな腫瘍を殺し、転移予防を行います。

 - 病気・健康対策, 肌の病気 , , ,

  関連記事

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
冬場の悩み ひび・あかぎれ・しもやけ

冬の寒い季節に手足の皮膚が乾燥し、皮膚の表面に小さな亀裂ができるのがひびです。ひびがさらに進行して深くなり、炎症をともなうとあかぎれになります。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
気になるほくろの毛 正しい対処法

大きなほくろには毛が生える事があります。その毛は、長く太くなる場合があるため、ほくろのある場所が顔の場合、他の人の視線が気になってしまいますよね。しかし、ほくろはデリケートな組織でできているので、正しい対処法で毛を除去しましょう。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。