知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。
あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。


■あせもの症状
①かゆみや炎症をともなう赤いあせも
あせもの中で、最も多いのが紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれる赤いあせもです。かゆみをともなう赤く、水を含んだ小さなボツボツがたくさんできて、中心に小さな膿を持つこともあります。汗をかきやすい赤ちゃんにできやすく、脇の下や首の周りなどこすれ合う部分に多くみられます。
②小さな水疱状になる透明なあせも
非常に小さく透明な水ぶくれがたくさんできます。その姿から水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれます。かゆみはなく、数日で皮膚が細かくはがれて自然に治ります。

■あせもの予防法
①皮膚を清潔に保つ
エアコンのドライ機能などを上手に利用して、汗をかかないように工夫しましょう。
汗をかいたらこまめに拭くかシャワーを浴びるなど、皮膚を清潔に保ちましょう。
②赤ちゃんの環境に注意を払う
赤ちゃんは、大人の2~3倍も汗をかきやすいといわれています。室内の環境を整えたり、冬の室内では厚着になりすぎないよう、十分に気をくばりましょう。

■あせもの対処法
①通気性を工夫する
通気性の良い肌着を着たり、赤ちゃんの寝具には汗取りパッドを追加するなど、通気性を考えた環境をつくりましょう。汗をかいた場合はこまめに拭いて、汗が皮膚に長い間残らないようにすることが大切です。
②市販の薬を使う
かゆみを我慢できずにかいてしまうと、患部をよけいに悪化させたり、そこから細菌に感染したりすることもあります。市販の薬を使って、かゆみや炎症を和らげましょう。
③病院で診察を受ける
かゆみが強いときや、なかなか炎症がひかないようなときは、主治医か皮膚科で診察を受けましょう。

あせもにベビーパウダーは要注意
ベビーパウダーは、汗を吸着して皮膚を乾燥させる働きがありますから、あせも予防の一つになります。
赤ちゃんにつけるときは、パウダーが飛び散りやすいパフは使わず、大人の手のひらに少しとってこすり合わせ、薄くつけましょう。
ただし、あせもができているときはベビーパウダーは汗の出口をふさぐ場合もありますので、使わないほうがいいでしょう。

 - こどもの病気対策, 病気・健康対策

  関連記事

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
年々増加している手足口病

■手足口病とは 例年7月~8月の夏場を中心に乳幼児の間で流行します。今年は3月ごろから増加し、2000年以降の11年間最多の状態が続いています。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
RSウイルス感染症 乳児は重症化しやすいため注意が必要

RSウイルスとは、発熱、咳、鼻水などの風邪に似た症状から、細気管支炎や肺炎に至るまで症状は異なります。冬にピークをむかえ、大人から子供まで年齢に関係なく感染しますが、乳幼児が感染した場合は重症になるケースもあるため小さなお子さんをお持ちの方 …