知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。


■ノロウイルスの特有な特徴
ノロウイルスは下痢だけではなく嘔吐を引き起こすことが特徴です。下痢であれば、ウイルスはトイレで流されるため広がりにくいのですが、嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないとウイルスが床に残ります。乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がっていくこともあります。手指からの感染ばかり気にする方も多いですが、このような感染経路も気をつけてください。
ノロウイルスはエンベロープ(宿主細胞の膜)を持っておらず、アルコールや高温に対する抵抗性が強いことが特徴です。また、乾燥や酸にも強く、水中でも長時間生きていることができる非常に厄介なウイルスなのです。そのため、感染力があり、しばしば集団感染を引き起こしてしまうのです。ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあります。さらに、感染が腸粘膜での局所感染なので免疫の持続時間が短いことも特徴です。よって、一度かかったからといって安心していると、再感染を起こすこともありますので、予防には気をつけましょう。

■ノロウイルスの潜伏期間
ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度(37~38℃くらい)です。一番多い症状は突然始まる吐き気(気持ちが悪い)・嘔吐(吐いてしまう)です。下痢、腹痛を伴うことも多いですが、発熱は軽度です。潜伏期間中に、これらの症状が1~3日続き完治します。ただし、疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、激しい嘔吐や下痢による脱水症状に気をつける必要があります。また体力の弱い幼児や老人はノロウイルス感染により死亡する場合もあるので注意が必要です。ノロウイルスは下痢等の症状が改善した後も、1週間程度(中には1ヵ月程度)ふん便中に排泄され続けるといわれています。また、感染しても症状が出ない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。この場合でも、ウイルスを排出していることが有ると言われています。

■ノロウイルスの検査方法
臨床症状からだけではノロウイルスによる感染は特定でないため、ウイルス学的な診断を行います。通常、患者の便や吐物を用いて、電子顕微鏡法、RT-PCR法、リアルタイムPCR法などの遺伝子を検出する方法でウイルスの検出を行い、診断します。
便には通常大量のウイルスが排泄されるので、比較的容易にウイルスを検出することができます
ノロウイルスを摂取してから15時間後には発症前でも感染した人の糞便中にウイルスが排出され始め、摂取してから1~3日後には糞便中のノロウイルスの排出はピークに達します。
ノロウイルスは培養が困難であるため、従来は電子顕微鏡下で糞便中のウイルス粒子を直接検出していました。現在ではRT-PCR法、リアルタイムPCR法などのウイルス遺伝子検査やEIA法やイムノクロマト法のウイルス抗原検査が用いられています。
遺伝子検査は高感度で特異性が高く、糞便、嘔吐物、食品中のノロウイルス検出に用いられます。一方、抗原検査は遺伝子検査に比べて約70%の感度ですが、偽陽性が少なく、体外診断薬としてノロウイルスによる感染性胃腸炎の診断の補助に用いられます。
症状のある患者の便ではかなりのウイルス量があり、抗原検査でも検出可能ですが、回復期の患者や無症状感染者ではウイルス量が少ないため検出できない可能性があり、確実に寛解を確認するには高感度なリアルタイムPCR法での検査をお勧めします。
ノロウイルスは感染力が強く、少量のウイルス量(10~100個)でも感染するといわれています。二次感染による集団感染を防ぐために、医療従事者や食品取扱者などは十分な注意が必要です。

 - 病気・健康対策 ,

  関連記事

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
夏のあせも対策

高温多湿や体温上昇による多量の汗によって、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応があせもです。 あせもには、赤いあせもと透明なあせもの2種類があります。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
人には聞けない痔の悩み

痔(じ)は、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ることなどによって発生する疾患の総称です。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。