知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。
痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。


■痛風の原因
痛風の原因は、血液の中にある尿酸という物質の濃度が以上に高くなることです。生活習慣の悪化によって尿酸値が上昇し、ある一定の限界を超えると、尿酸が結晶となって関節にたまり、激しい関節痛を引き起こします。これが痛風の原因です。
さらに症状が進行すると、 尿酸の結晶は腎臓をはじめとする内臓にも沈着し、命にかかわるような合併症を引き起こします。
従来、痛風といえば中年男性の病気でしたが、近年では女性や若年層にも広がりを見せています。痛風が増えた原因は肥満の増加、特に内蔵脂肪型肥満の増加だと考えられています。
痛風の原因と考えられている危険因子は、過剰なエネルギー摂取、プリン体の多い食品の摂りすぎ、体内の水分不足、アルコールの飲みすぎ、尿の酸性化、運動不足、ストレス、遺伝的要因などです。
生活習慣の悪化が痛風の主な原因であることから、痛風は生活習慣病だといえます。尿酸値を下げるための日常生活での注意事項に気をつけ、痛風の原因を取り除きましょう。
■痛風と尿酸値
痛風とは男性に多い病気ですが、それは尿酸値の平均値が男性のほうが高いからです。
■痛風の初期症状
痛風の初期症状の特徴は、その名のとおり「風が当たっても痛い」というほど激しい痛みです。高い尿酸値を放置していると、尿酸は針状の結晶となって身体のあらゆる場所、特に関節に沈着します。 尿酸の結晶が沈着したところに痛風発作が現れます。この痛風発作による初期症状は非常に激しく、 関節が赤く腫れ上がり、数日間全く歩けないほどです。
ですが、この初期症状は1週間から10日ほどたつと治まり、やがて痛みはなくなります。ところが、初期症状が治まったからといって、痛風が治ったと思うのは大間違い。
尿酸値をコントロールしなければ、痛風の症状は着々と進行しているのです。
■痛風の予防
痛風の予防には生活習慣の改善だけでは不十分な場合があります。痛風は一般的に運動不足や食べすぎ、アルコールの摂りすぎが原因と考えられています。
ところが、やせ型で生活習慣も悪くない人でも尿酸値が高く、痛風になる危険性の高い人がいます。痛風には遺伝的な要因も大きく関係しているからです。
このような人たちは痛風を予防するためにより一層の注意が必要です。

 - 生活習慣病, 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
高脂血症は遺伝する

高脂血症は血液の中性脂肪やコレステロール値が高い「ドロドロの血」のことです。 高脂血症になると動脈硬化を併発しやすくなります。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
女性に多い骨粗しょう症

骨粗鬆症は高齢化社会に向かう現代日本で早急に対策が必要な生活習慣病です。骨密度を保ち、骨粗鬆症を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

no image
スマホが原因の肩こりや頭痛 ストレートネックの治し方

スマートフォンの普及に伴い、長時間画面を覗き込むことで、肩こりや腕のしびれを訴える人が増え、ストレートネックになっている人が増えています。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
ノロウイルス感染予防法

ノロウイルスは、冬に多発する感染症胃腸炎(非細菌性急性胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種。1968年にアメリカオハイオ州で集団発生したノーウォークが語源で、2002年に学会で命名された。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
成人期の栄養管理

■成人期の栄養と健康管理 20歳前後から64歳までを成人期といいます。人生の中で最も充実した時期で、多くの人が仕事中心の生活を送ったり、結婚して子育てをしたりします。