知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。
痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。


■痛風の原因
痛風の原因は、血液の中にある尿酸という物質の濃度が以上に高くなることです。生活習慣の悪化によって尿酸値が上昇し、ある一定の限界を超えると、尿酸が結晶となって関節にたまり、激しい関節痛を引き起こします。これが痛風の原因です。
さらに症状が進行すると、 尿酸の結晶は腎臓をはじめとする内臓にも沈着し、命にかかわるような合併症を引き起こします。
従来、痛風といえば中年男性の病気でしたが、近年では女性や若年層にも広がりを見せています。痛風が増えた原因は肥満の増加、特に内蔵脂肪型肥満の増加だと考えられています。
痛風の原因と考えられている危険因子は、過剰なエネルギー摂取、プリン体の多い食品の摂りすぎ、体内の水分不足、アルコールの飲みすぎ、尿の酸性化、運動不足、ストレス、遺伝的要因などです。
生活習慣の悪化が痛風の主な原因であることから、痛風は生活習慣病だといえます。尿酸値を下げるための日常生活での注意事項に気をつけ、痛風の原因を取り除きましょう。
■痛風と尿酸値
痛風とは男性に多い病気ですが、それは尿酸値の平均値が男性のほうが高いからです。
■痛風の初期症状
痛風の初期症状の特徴は、その名のとおり「風が当たっても痛い」というほど激しい痛みです。高い尿酸値を放置していると、尿酸は針状の結晶となって身体のあらゆる場所、特に関節に沈着します。 尿酸の結晶が沈着したところに痛風発作が現れます。この痛風発作による初期症状は非常に激しく、 関節が赤く腫れ上がり、数日間全く歩けないほどです。
ですが、この初期症状は1週間から10日ほどたつと治まり、やがて痛みはなくなります。ところが、初期症状が治まったからといって、痛風が治ったと思うのは大間違い。
尿酸値をコントロールしなければ、痛風の症状は着々と進行しているのです。
■痛風の予防
痛風の予防には生活習慣の改善だけでは不十分な場合があります。痛風は一般的に運動不足や食べすぎ、アルコールの摂りすぎが原因と考えられています。
ところが、やせ型で生活習慣も悪くない人でも尿酸値が高く、痛風になる危険性の高い人がいます。痛風には遺伝的な要因も大きく関係しているからです。
このような人たちは痛風を予防するためにより一層の注意が必要です。

 - 生活習慣病, 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image
生活習慣病の予防にジョギング

ジョギングは有酸素運動の代表的な運動です。 体脂肪を効果的に燃焼させダイエットに最適です。

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
人には聞けない痔の悩み

痔(じ)は、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ることなどによって発生する疾患の総称です。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
酵素で病気予防

糖尿病、高血圧など生活習慣病は私達の身体にとってとても重大な病気の一つだと思います。生活習慣病を発症させることにより、動脈硬化を誘発します。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。