知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

酵素で病気予防

糖尿病、高血圧など生活習慣病は私達の身体にとってとても重大な病気の一つだと思います。生活習慣病を発症させることにより、動脈硬化を誘発します。


その後、心臓疾患や脳疾患などさまざまな病気に結びついていく可能性もあります。一言で生活習慣病と言っても気をつけなければいけません。
では、生活習慣病にならないために予防をするように心がけてみてはいかがでしょうか。
その為には「酵素」を上手に生活に取り入れる生活をしてみましょう。そうすることにより、病気を治すというよりは病気にかかりにくくなる身体作りができるようになってくると思います。酵素を体内で生産させる力というのは、お母さんの体内にいるときに決まってくるといってもいいと思います。お母さんが妊娠中のときの生活習慣によって赤ちゃんの身体の構成が変わってくると思います。よって酵素の量も変わってくると思います。酵素というのは毎日の生活の中で生成されたり、消費されたりしていきます。大抵の場合は、食べ物を食べ過ぎたりした場合や、睡眠不足に陥った場合、添加物だらけの食品を摂取した場合などが挙げられると思います。酵素の量というのは人それぞれ個人差がありますが、どの位の酵素を生成できるかという酵素力は先ほど言ったように生まれる前に決められているようです。その為にむやみに酵素の量を増やしたり、消費したりするような生活を送らないように生活態度から改めて、生活習慣を見直し、生活習慣病にならないように予防するようにすることが大切です。
酵素と病気についてどんな関係があるか、探ってみたいと思います。
まずは「生活習慣病」についてです。「生活習慣病」という言葉を知らない人がいないくらい定着している呼び方ですが、どんな病気も生活習慣の乱れから起こると言ってもいいくらい怖いものなのです。生活習慣がきちっとしていれば、ちょっとやそっとの病原菌にも負けない身体が作られていますし、病原菌に負けない免疫機能も充分に機能していると言ってもいいかもしれません。
しかし、それはあくまでも「健康」であればこその話です。健康を害する要因となる免疫機能を弱らせてしまったり、破壊してしまったりするのは生活習慣の乱れからくるものだと思います。
ですからきちんとした生活習慣を心がけることが健康を維持できる基本となると思いますので、主に食生活や睡眠などをきちんととるようにすることから始めましょう。この生活習慣が大いに影響する物質はと言うと「酵素」ではないかと思います。生活習慣が乱れていると余分な酵素を浪費してしまいがちです。酵素を浪費して、体内に酵素が不足してしまうと結果的に病気を引き起こしてしまう可能性があります。ですから生活習慣を正して酵素を浪費しないような生活にできるようにしなければならないのです。
どのように改善していけばいいのかと言うと、ストレスをためないようにする生活を心がけること、質のよい睡眠をとること、適度な運動をするようにすること、消化不良を引き起こすような食事は控えること、などから考えてみてはいかがでしょうか。

 - 生活習慣病 , ,

  関連記事

no image
高脂血症は遺伝する

高脂血症は血液の中性脂肪やコレステロール値が高い「ドロドロの血」のことです。 高脂血症になると動脈硬化を併発しやすくなります。

no image
成人期の栄養管理

■成人期の栄養と健康管理 20歳前後から64歳までを成人期といいます。人生の中で最も充実した時期で、多くの人が仕事中心の生活を送ったり、結婚して子育てをしたりします。

no image
スマホが原因の肩こりや頭痛 ストレートネックの治し方

スマートフォンの普及に伴い、長時間画面を覗き込むことで、肩こりや腕のしびれを訴える人が増え、ストレートネックになっている人が増えています。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
糖尿病の基礎知識

糖尿病とは、一言でいうなら「炭水化物の代謝障害」のことです。もちろん食事の後の消化・吸収はちゃんとできます。

no image
高血圧の予防に欠かせないもの

日本人の4人に1人が患っているといわれる高血圧。現代人にとって、もはや無視することはできない生活習慣病です。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
生活習慣病の予防にジョギング

ジョギングは有酸素運動の代表的な運動です。 体脂肪を効果的に燃焼させダイエットに最適です。

no image
女性に多い骨粗しょう症

骨粗鬆症は高齢化社会に向かう現代日本で早急に対策が必要な生活習慣病です。骨密度を保ち、骨粗鬆症を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

no image
動脈硬化の恐ろしさ

動脈硬化は動脈の柔軟性がなくなり、血管が詰まりやすくなります。 心筋梗塞や脳梗塞などの重大な生活習慣病の大きな危険因子の一つが、この動脈硬化です。