知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

アルコールの作用を理解した正しいお酒の飲み方

お酒を適度に飲むことは体にいいと言われていますが、飲む量を間違えてしまうと体に様々な弊害をおこします。
アルコールの作用を理解し、正しくお酒を飲みましょう。


■お酒を飲む人が気をつけたい食事
脂肪分の含まれるチーズなどは胃腸の粘膜を保護する効果があるので、飲酒前に食べておくと、アルコールの刺激で胃壁が荒れるのを和らげられます。牛乳を飲むことにもアルコールの吸収を遅らせる効果があります。お酒はアルコールの作用によってミネラルやビタミンが失われやすいため、飲み過ぎてしまったときはビタミンが豊富な野菜類などの食品を多くとることを心がけましょう。
また、お酒のつまみには塩分が多く含まれていることが多く、逆に食物繊維は不足しがちになるため、塩分控えめで食物繊維を多く含んだ食べ物もおすすめです。
アルコールは肝臓で分解される際、多くのたんぱく質が必要となるため、タンパック質の摂取を心がけましょう。果物に含まれる果糖にもアルコール分解を助ける効果があります。飲んだ後におすすめなのが果物です。グレープフルーツジュースなど、かんきつ系の果汁が入った飲み物を飲むのも良いでしょう。

■アルコール度数の高いお酒
ウイスキーや焼酎など、アルコール度数の高いお酒は胃腸への負担が大きいうえに血中アルコール濃度が早く上昇するので酔いがまわりやすく、肝臓への負担も高まります。
水などで薄めて、ゆっくり楽しむことが望ましいといえます。ストレートで飲むときには「チェイサー」がおすすめです。ウイスキーなどの強いお酒をストレートで飲んだときに、追いかけて飲むノンアルコールや低アルコール飲料のことです。口の中をすっきりさせるとともに、アルコールによる胃への刺激を和らげる効果があります

■飲酒後の入浴
飲酒後すぐに入浴や運動をすることは体にとって良くありません。たくさん汗をかいた分だけアルコールが汗として排出されるわけではなく、逆に脱水症状を引き起こす可能性があります。サウナに入ることや入浴も、心臓に負担がかかりますし、血圧も急に高まるので危険です。酔った状態での運動も、注意力が低下しているため怪我のもとになりますのでやめましょう。

■寝酒
夜なかなか寝られない時、寝付くために飲むお酒。寝酒は眠りが浅くなり、夜中に目を覚ましたり翌朝早くに目覚めてしまうなど、睡眠の質が落ちることがわかっています。
お酒は食事の時間に一緒に楽しむのが好ましいでしょう。

 - 飲酒・喫煙 ,

  関連記事

二日酔いの予防と解消方法

二日酔いにならないために、または既になってしまったけどなんとかしたいなど、 お酒を楽しく飲むための方法を、事前対策・最中対策・事後対策の3つに分けてご紹介します。

二日酔いに効く柿の効果

柿は日本原産の果物として知られています。 昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、に含まれる栄養価は高いとされています。

no image
禁煙は50歳からでも遅くない

禁煙をすることによって、長い目で見ると、がんなどにかかる危険性が低下するだけでなく、禁煙した瞬間から健康にとっても有用な効果があります。

肝臓の働きを助長するシジミの味噌汁

二日酔いになった時に味噌汁を飲むと良いという話は多くの人が知っている解消法の一つではないでしょうか?

二日酔いでの頭痛や目の痛みの症状と原因

飲みすぎた翌日に必ず後悔のきっかけを与えてくれる二日酔い。 誰でもなりたくてなるわけでもなく、気をつけていたつもりでもつい楽しくてうっかり飲みすぎてしまうことがあると思います。

お酒を飲む前の牛乳はアルコールの吸収を遅らせる

昔はお酒を飲む前に牛乳を飲むと、胃に牛乳の粘膜が張られて深酔いを避けることができるといわれていましたが、その科学的根拠は特に無いそうです。

病院の点滴で二日酔いをすばやく解消

二日酔いには水分補給やウコンなど様々な方法がありますが、その中でも効果的とされるものに点滴があります。

飲む前に食べる梅干で二日酔い予防

日本食の定番の梅干は、健康ブームである昨今、その効能が大きく取り上げられています。 日本人のみならず、世界での定番食となる日も近いのではないでしょうか。

筋トレやランニングなどの運動は二日酔いに効果がある?

飲み過ぎてしまった場合には、二日酔いで翌日になっても吐き気や頭痛が収まらないような状態になる場合があります。

二日酔いでの胸のむかつきの症状と原因

お酒を飲んだ次の日になんだか気持ち悪くてトイレの往復はするものの、吐けない。 しゃっくりが続いて、そのたびに食べたものが胃の中をぐるぐると回っていて感じる胸のむかつき。