知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。


■関節リウマチとは
関節リウマチとは自己免疫疾患の一つです。本来自分の体をウイルスや細菌などから守るために備わっている免疫機能が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで起こる疾患のことです。
原因は不明ですが、遺伝的因子と環境的因子が絡んでいると言われています。自己免疫疾患は多少の遺伝性があり、関節リウマチの患者様の兄弟、子供に発症する例は散見されますが、関節リウマチそのものが遺伝疾患とは考えられていません。

■関節リウマチの症状
初期症状として多いのが、指のこわばりです。特に指先から数えて2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節に起こります。「こわばり」は特に、朝、起き上がるときにあらわれます。
朝、体がこわばるのは、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、むくむため、と考えられます。その他にも、 関節が痛む、 関節が腫れる、 手指がむくんむ、 体がだるい。微熱がある、などがあげられます。
とくに症状が起きやすい部位としては、手指の関節をはじめ、手首の関節、肘の関節、膝の関節などが挙げられます。進行が進むと、関節部分に激しい痛みを伴い、骨が変形し、日常生活に支障をきたします。重度の場合は寝たきりになってしまう事もあります。リウマチは早期発見こそ悪化を防ぐ対策になるので、少しでも気になることがあれば、すぐに医師の診断を受けましょう。

■リウマチは何科で見てもらうのか
最近は関節リウマチは関節外症状も重要と考えられており、使用薬剤も副作用管理が複雑であったり、新しい治療は感染症対策や緊急時の対応も必要であるなど、非常に内科的知識を要求するものが多くなっています。
整形外科でも、内科のリウマチ専門医で行うことが主流となってきています。経験豊富で積極的にリウマチ治療に取り組んでいる整形外科でなければ、内科のリウマチ専門医を受診することをおすすめします。

■関節リウマチの治療方法
関節リウマチの治療法として、症状や進み具合に合わせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどが行われます。薬物療法の目的は関節の腫れや痛みを抑え、関節破壊の進行を抑制することです。手術療法には、増殖した関節の滑膜を取り除く滑膜切除術、破壊された関節を人工関節に置き換える機能再建術などがあります。リハビリテーションには、関節の動く範囲を広げ、血液の流れをよくして痛みや筋肉のこわばりをとるための運動療法、患部を温めて痛みやこわばりを和らげる温熱療法などがあります。
関節リウマチの治療の目的は、寛解を目指すことです。寛解とは、完治とは異なり、症状が安定して落ち着いてる状態です。
現代の医学では、リウマチを完治させることは難しいため、症状が再発し悪化させないために、継続的に様子をみていくことが重要です。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
足のむくみ解消ストレッチ

座りっぱなしや、立ちっぱなしのように、長時間同じ姿勢で過ごし続けることは足のむくみにつなります。特に寒い時期はなるべく外出をさけ、家にこもってしまうという人も多いのではないでしょうか。運動不足や血行不良による足のむくみを簡単な運動で解消しま …

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。