知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。


■関節リウマチとは
関節リウマチとは自己免疫疾患の一つです。本来自分の体をウイルスや細菌などから守るために備わっている免疫機能が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで起こる疾患のことです。
原因は不明ですが、遺伝的因子と環境的因子が絡んでいると言われています。自己免疫疾患は多少の遺伝性があり、関節リウマチの患者様の兄弟、子供に発症する例は散見されますが、関節リウマチそのものが遺伝疾患とは考えられていません。

■関節リウマチの症状
初期症状として多いのが、指のこわばりです。特に指先から数えて2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節に起こります。「こわばり」は特に、朝、起き上がるときにあらわれます。
朝、体がこわばるのは、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、むくむため、と考えられます。その他にも、 関節が痛む、 関節が腫れる、 手指がむくんむ、 体がだるい。微熱がある、などがあげられます。
とくに症状が起きやすい部位としては、手指の関節をはじめ、手首の関節、肘の関節、膝の関節などが挙げられます。進行が進むと、関節部分に激しい痛みを伴い、骨が変形し、日常生活に支障をきたします。重度の場合は寝たきりになってしまう事もあります。リウマチは早期発見こそ悪化を防ぐ対策になるので、少しでも気になることがあれば、すぐに医師の診断を受けましょう。

■リウマチは何科で見てもらうのか
最近は関節リウマチは関節外症状も重要と考えられており、使用薬剤も副作用管理が複雑であったり、新しい治療は感染症対策や緊急時の対応も必要であるなど、非常に内科的知識を要求するものが多くなっています。
整形外科でも、内科のリウマチ専門医で行うことが主流となってきています。経験豊富で積極的にリウマチ治療に取り組んでいる整形外科でなければ、内科のリウマチ専門医を受診することをおすすめします。

■関節リウマチの治療方法
関節リウマチの治療法として、症状や進み具合に合わせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどが行われます。薬物療法の目的は関節の腫れや痛みを抑え、関節破壊の進行を抑制することです。手術療法には、増殖した関節の滑膜を取り除く滑膜切除術、破壊された関節を人工関節に置き換える機能再建術などがあります。リハビリテーションには、関節の動く範囲を広げ、血液の流れをよくして痛みや筋肉のこわばりをとるための運動療法、患部を温めて痛みやこわばりを和らげる温熱療法などがあります。
関節リウマチの治療の目的は、寛解を目指すことです。寛解とは、完治とは異なり、症状が安定して落ち着いてる状態です。
現代の医学では、リウマチを完治させることは難しいため、症状が再発し悪化させないために、継続的に様子をみていくことが重要です。

 - 病気・健康対策 , ,

  関連記事

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。