知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

白内障の原因・症状と予防や治療方法(手術)

白内障は、目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下する病気です。


■白内障の症状
霞んで見える。
明るいところへ出ると眩しく見にくい。
どんなに調整しても眼鏡があわない。
ぼやけて二重・三重に見える。
(*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります )
白内障だけでは痛みや異物感・充血などがでることはありません。

■白内障の原因
白内障は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加によりおこるとされています。
白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。
目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。
その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

■白内障の予防
・点眼薬、内服薬などの薬物療法を続ける
・偏食を避け、バランスのよい食事を心掛ける
・強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避ける(サングラスや保護眼鏡)
・糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ
白内障を防ぐと言われている食品
ビタミンE 大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなど
ビタミンB2 のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど
ビタミンC 緑色野菜、いも、柑橘類など
白内障を助長すると言われている食品
古い油を使った揚げ物、古い魚の干物など

■白内障の治療方法
いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。
白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は点眼薬や内服薬による進行予防をおこないます。現在までに開発された「抗白内障薬」では完全に進行を阻止することは不可能で、進行を遅らせるといった効果しか期待できません。
しかしながら、(女性が肌のお手入れをするのと同じように)若々しさを保つためには「何もしない」よりは「点眼薬を続ける」などの努力で少しでも進行を遅らせることはできるはずです。医師からお薬を処方された場合は続けるようにしてください。
白内障の治療に関しては素人の自己判断は危険です。白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしてください。

■白内障の手術費用
白内障手術および眼内レンズ*の治療費用は保険対象になります。
保険の種類        負担割合   自己負担額
老人医療         1割     1万6千円程度
老人医療(高額所得世帯) 2割     3万2千円程度
国民健康保険       3割     4万8千円程度
社会保険(本人・家族)  3割     4万8千円程度

 - 疲れ目・目の病気・視力 , , , ,

  関連記事

no image
視力にいい6つの食べ物

近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。

no image
コンタクトレンズの長所と短所

■コンタクトレンズの長所と短所 コンタクトレンズが視力を矯正する原理は眼鏡と同じです。コンタクトレンズが眼鏡と異なるのは「眼に直接触れさせて、まるで自分の眼の一部のように使えること」です。

no image
白内障手術の心得

白内障とは目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下してかすんで見えたり、明るいとこに出ると眩しくて見ずらいなどの症状があります。 白内障は薬で回復することができません。つまり一度進行が進んでしまった場合、手術するしか方法がありません。