知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。
顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。


ほくろは生まれつきできる先天性のものと、後天性のものとがあります。思春期を過ぎてからできるほくろの原因は、主に紫外線。そのため、顔や腕、背中などにいつの間にか知らないほくろができていたりしませんか。
では、紫外線があたらないであろう足の裏のほくろはなぜできるのでしょう。足の裏は身体を支えているため、大きな刺激がかかっています。ほくろは元々細胞の異常からできるものですので、刺激を与えるとがん化してしまう言われています。毎日、靴を履いて歩いたりしていると、皮膚が圧迫され細胞が傷つけられてメラニン形成細胞に影響を与えほくろが出来ると考えられています
こうして足のうらにあるホクロは怖いと昔から言われ続けていますが、実際にがん化するのは10人に1人だと言われています。言われているほど多いものではないと思いませんか? 
あまりにも足の裏のほくろはよくないというのが有名なため、ほくろに気づいてすぐに医療機関を受診する人が多いからなのではないかと考えています。実際、皮膚科を受診しても、
経過観察でも行わない場合がありますが、自分の子供にあるときなどは、やはり気にして時期を見て除去の手術を受ける人が多いようです。日頃紫外線を浴びる場所ではないので、
本来ほくろができづらい場所であるにもかかわらず、ある日突然できたほくろには要注意です。直径5mm以下であればさほど心配いらないと言われていますが、早めに受診するに越したことはありません。

■こんなほくろは病院で診察してもらいましょう
①ホクロの形が左右非対称
②ホクロの周囲が不鮮明
③ホクロ自体に、色の濃淡がある
④ホクロの直径が7mm以上
このようなほくろが、足の裏にある場合は、皮膚科を受診してみることをおすすめします。また、ほくろは一般的に均一な硬さですが、悪性黒色腫の場合は、一部に硬くなっている場所が見られることもあります。
そして、ホクロやしみが、急激に大きくなっている場合も、要注意です。すぐに専門医に見てもらいましょう。

■足のうらのほくろ除去
足の裏のほくろが悪性黒色腫だった場合、手術は広範囲の切除手術が基本です。がんの進行具合にもよりますが、腫瘍の周辺を1~3cm程度大きく切り取ります。初期の悪性黒色腫の場合、切除手術のみで、ほとんど治るものです。
国立がんセンターの統計では、5年生存率は95~100%です。悪性黒色腫が、大きくなってしまったり、皮膚の下に転移したり、リンパ節や他の臓器に転移している場合は、抗がん剤による科学的治療や、放射線治療、インターフェロンというたんぱく質を利用した免疫療法が行われます。

 - 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
重度の熱中症は死に至る

■熱中症の症状 「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状です。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
口内炎になりやすい人は生活習慣の改善を

口の中の粘膜や舌にできると、痛くて不快を伴う口内炎。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
秋に増加する喘息の発作の症状と予防

喘息の発作が増加するのは1年の中で秋が一番増加するといわれています。 その原因は、気候・感染症・アレルギーの3つが大きく関係しています。