知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。


■夏バテの原因
①日本の夏の気候 高温多湿
夏になると気温が上がり、体温も上がるので、人は汗をかいて体温を下げようとします。しかしその汗には水分とミネラルが排出されてしまうため、脱水症状などの症状を引き起こします。
また日本の夏は湿度が高いため、汗の発汗を邪魔して、適切に体内の熱を放出することができなくなります、そのために大きなエネルギーを消耗し身体の負担となります。
②外気と室内の温度差
室内外温度差が5度以上になると、人の身体は自律神経が乱れ、温度調整ができなくなります。
③冷たいものの食べ過ぎ
冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎをすると、内臓器官がの働きが鈍ってしまし、食べても消化・吸収が悪くなっているため、思うように体に栄養分がまわらないことなどの状態になります。

■夏バテ対策
①水分補給
人間の身体は、安静にしていても1日に約2600mlの水分が失われます。
1日およそ1.8~2.0リットルの水分をとるようにしましょう。とくに起床時・就寝前・入浴後は水分が不足しているので、水分補給するよう心がけましょう。
冷房の効いた涼しい部屋で長い時間過ごす人は、身体の冷やしすぎに注意が必要です。室内にいるときは、温かいお茶などで水分補給するとよいでしょう。

②甘い物をとり過ぎない
糖分の多い甘い飲み物は、空腹を感じなくさせます。糖は疲労回復に効果がありますが、飲み過ぎは食欲不振におちいってしまい、夏バテを招きかねません。甘い飲み物のとりすぎには気をつけましょう。

③睡眠時間
夏の夜は、寝苦しくてなかなか寝付けずに寝不足になることもすくなくありません。その日の疲労を解消するためにも、しっかりと睡眠をとるよう心がけましょう。

④疲労回復はちみつドリンク
グレープフルーツにはビタミンCが豊富。さらに、ビタミンCの吸収をよくするフラボノイド、クエン酸も多く、疲労回復や食欲増進などに有効です。
《簡単レシピ》
グレープフルーツジュース 2カップ
レモン汁 1カップ
水 1カップ
はちみつ 大さじ2 2/3
レモン 輪切り4枚
さくらんぼ(缶詰) 4個
ミント 適量
《作り方》
すべての材料を混ぜ合わせる。グラスに注ぎ入れ、レモン・さくらんぼ・ミントを飾る。

⑤ミネラルの摂取
ミネラルはカラダの諸機能の維持・調整に欠かせない微量栄養素。
人の健康に欠かせないミネラルは16種類で、このうち比較的体内に多く存在するもの7種は「主要ミネラル」、そのほかは「微量元素」と呼ばれています。
汗をたくさんかいたときは、ミネラルの摂取を心がけましょう。
《主要ミネラル》
カルシウム :歯や骨を形成し神経の興奮を鎮めます。心臓の鼓動や筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。
カリウム 心臓や筋肉の機能を調整しエネルギーの産出に関わります。
マグネシウム: 酵素を活性化させます。
ナトリウム :神経や筋肉の興奮を鎮め、消化を促進します。
《微量元素》
鉄 :赤血球のヘモグロビンの必須成分で、不足すると貧血に。
亜鉛 :味覚・嗅覚を正常に保ちます。
銅 :ヘモグロビンの合成に関係し、貧血を予防します。
ヨウ素: 基礎代謝を高め、発育を促進します。

 - 病気・健康対策, 睡眠 ,

  関連記事

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

no image
寝苦しい夏の夜に熟睡する方法

夏が来るたび、夏ってこんなに暑かったっけ、と思いませんか?夏は暑くて当たり前ですが、実際に気象庁の調べによると、2010年6月~8月の平均気温は、過去113年間の観測の中で一番暑かった年だったようです。ちなみ2位は1994年だそうです。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
いびきの原因は肥満?!

★いびきの原因 通常、鼻や口から吸い込まれた空気は、スムーズに肺まで達します。ところが、この空気の通り道(気道)が狭くなっていると、乱気流が起こって音が出ます。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。