知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

夏バテに負けない5つの対策

夏になると食欲がなくなったり、疲れやすかったり、元気がでないなど夏バテの症状が出てくる人も多いことだと思います。夏はレジャーやイベントが多いシーズンですから、万全な体調で夏を楽しめるよう夏バテに負けぬよう対策を練ってみてはいかかでしょうか。


■夏バテの原因
①日本の夏の気候 高温多湿
夏になると気温が上がり、体温も上がるので、人は汗をかいて体温を下げようとします。しかしその汗には水分とミネラルが排出されてしまうため、脱水症状などの症状を引き起こします。
また日本の夏は湿度が高いため、汗の発汗を邪魔して、適切に体内の熱を放出することができなくなります、そのために大きなエネルギーを消耗し身体の負担となります。
②外気と室内の温度差
室内外温度差が5度以上になると、人の身体は自律神経が乱れ、温度調整ができなくなります。
③冷たいものの食べ過ぎ
冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎをすると、内臓器官がの働きが鈍ってしまし、食べても消化・吸収が悪くなっているため、思うように体に栄養分がまわらないことなどの状態になります。

■夏バテ対策
①水分補給
人間の身体は、安静にしていても1日に約2600mlの水分が失われます。
1日およそ1.8~2.0リットルの水分をとるようにしましょう。とくに起床時・就寝前・入浴後は水分が不足しているので、水分補給するよう心がけましょう。
冷房の効いた涼しい部屋で長い時間過ごす人は、身体の冷やしすぎに注意が必要です。室内にいるときは、温かいお茶などで水分補給するとよいでしょう。

②甘い物をとり過ぎない
糖分の多い甘い飲み物は、空腹を感じなくさせます。糖は疲労回復に効果がありますが、飲み過ぎは食欲不振におちいってしまい、夏バテを招きかねません。甘い飲み物のとりすぎには気をつけましょう。

③睡眠時間
夏の夜は、寝苦しくてなかなか寝付けずに寝不足になることもすくなくありません。その日の疲労を解消するためにも、しっかりと睡眠をとるよう心がけましょう。

④疲労回復はちみつドリンク
グレープフルーツにはビタミンCが豊富。さらに、ビタミンCの吸収をよくするフラボノイド、クエン酸も多く、疲労回復や食欲増進などに有効です。
《簡単レシピ》
グレープフルーツジュース 2カップ
レモン汁 1カップ
水 1カップ
はちみつ 大さじ2 2/3
レモン 輪切り4枚
さくらんぼ(缶詰) 4個
ミント 適量
《作り方》
すべての材料を混ぜ合わせる。グラスに注ぎ入れ、レモン・さくらんぼ・ミントを飾る。

⑤ミネラルの摂取
ミネラルはカラダの諸機能の維持・調整に欠かせない微量栄養素。
人の健康に欠かせないミネラルは16種類で、このうち比較的体内に多く存在するもの7種は「主要ミネラル」、そのほかは「微量元素」と呼ばれています。
汗をたくさんかいたときは、ミネラルの摂取を心がけましょう。
《主要ミネラル》
カルシウム :歯や骨を形成し神経の興奮を鎮めます。心臓の鼓動や筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。
カリウム 心臓や筋肉の機能を調整しエネルギーの産出に関わります。
マグネシウム: 酵素を活性化させます。
ナトリウム :神経や筋肉の興奮を鎮め、消化を促進します。
《微量元素》
鉄 :赤血球のヘモグロビンの必須成分で、不足すると貧血に。
亜鉛 :味覚・嗅覚を正常に保ちます。
銅 :ヘモグロビンの合成に関係し、貧血を予防します。
ヨウ素: 基礎代謝を高め、発育を促進します。

 - 病気・健康対策, 睡眠 ,

  関連記事

no image
寝苦しい夏の夜に熟睡する方法

夏が来るたび、夏ってこんなに暑かったっけ、と思いませんか?夏は暑くて当たり前ですが、実際に気象庁の調べによると、2010年6月~8月の平均気温は、過去113年間の観測の中で一番暑かった年だったようです。ちなみ2位は1994年だそうです。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
睡眠の仕組みを知って快適な睡眠を

低血圧と寝起きの関係性 血圧は腎臓、内分泌臓器、自律神経、そして、自律神経に指令を発している脳の4つの器官で成り立っています。一方、目覚めの仕組みは内分泌臓器である副腎の髄質から分泌されるアドレナリンとノルアドレナリンが大きく関係しています …

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
3つに分かれる低血圧の種類

血圧とは血液を運ぶはたらきのことを指します。血管は体中に網目の様に走っているので全身に血液を送るため圧力が必要になります。この血管の壁を押し広げようとする力をいいます。

no image
外傷後ストレス障害PTSDの薬物療法と心理療法

大きな災害・事故・事件を体験した後、人は心に大きな衝撃を受けます。だいたいの人は時間の経過とともに心身共に落ち着いてきますが、自我が未発達な幼児や、大人でも出来事のショックがあまりに大きい場合には、大きな障害を残すことがあります。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。