知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

首の付け根の痛みには

肩こりとひと言で言っても、肩こりに至るまでには、人それぞれ負担の大きい部位が違うことがあります。自分はどこが悪くて肩こりを起こしている可能性があるかを知っておくことは大切だと思います。


自分の肩こりの傾向に合った改善策をとることで、肩こりにサヨナラしやすい体をつくることが出来るかもしれません。
■首の問題がコリの原因?
肩こりはどの辺りに感じるでしょうか?後頭部から首の後ろにかけて、首スジから肩にかけて、首の付け根、背中の上部、など範囲には個人差があります。肩こりの感じる部分に問題があるように思えますが、実際は、コリのある部分以外の部位が、肩こりの原因となっている場合もあるのです。
例えば、首に問題がある場合の肩こりです。肩こりを感じるのは背中の上部だったとしても、それは首の動きに制限が出ていることが原因となっているためかもしれません。
この場合は、頭の位置を動かす際に使われる筋肉が、硬くなっている場合が多いです。ですが、それに気がつかず、首自体の筋肉にはコリの自覚症状が感じられないケースもあります。
首の動きが悪くなっている時は、首自体にはコリは感じなくても、筋肉を触ると硬くなり、押すと痛んだりします。首の後ろだけではなく、横前側の筋肉が硬くなっていることもあります。このような状態になりやすい人の傾向は何でしょうか?
■このような傾向ありますか?
イスに座り、ふと気がつくと、アゴを前方へ突き出したような格好になっている。
・頭を傾けたり、振り向いたりする時に、首の関節がボキッとなる。または、ミシミシ音がする。
・整形外科でレントゲンを撮ったことがあり、「首のカーブが真っすぐだね。」と言われたことがある。
(ストレートネック、クレーンネックなど)
・整形外科でレントゲンを撮ったことがあり、「首の関節と関節の間が詰まっている。」と言われたことがある。
・頭の向きや角度によっては首が痛む。
・最近、今まで使っていた枕が合わないような気がする。朝目覚めると、首が痛くてつらい。
この中にあてはまる項目があると、首の関節への負担が強い可能性があり、後々頚椎の疾患につながるかもしれませんので、首の筋肉を柔らかくして頚椎疾患を予防しましょう。頚椎疾患は、首の痛みだけではなく、手、腕のしびれや脱力感などの症状が出ることもあります。
■肩こり解消法
肩こりでみられるように、筋肉が硬くなりこりが生じると、血行が悪くなるのですが、そうなると筋肉への必要な酸素や栄養が運ばれなくなり、酸欠状態に陥ります。これが、肩こりを慢性化させるきっかけとなるのですが、慢性化を予防、解消するためにご自身で筋肉を動かす必要があります。肩こりに効果的な筋肉を、半ば強制的に動かすことによって、筋肉のもつ収縮・弛緩の働きを促します。すると筋肉の血行も促進され、過度に緊張した筋肉がやわらかくなっていき、こりが楽になります。

 - 肩こり・腰痛・関節痛 ,

  関連記事

no image
肩コリは血行不良が原因

■肩の力を抜く肩こり体操 肩こりは、首から肩にかけて、また、肩甲骨付近の筋肉が緊張して、血行不良を起こしている状態です。

no image
あなたの机と椅子正しい高さですか?

椅子に座るときと、パソコンのモニター画面に向かう場合の正しい姿勢を説明します。 毎日オフィスで使用するものですから、カラダにあった椅子を選び、また、眼精疲労を起こさないためにも、照明にも気をつけます。

no image
デスクワークによる肩こり

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは筋肉の疲れによるものです。 デスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢でいることが多く、更に姿勢の悪さ、机と椅子の高さがあっていないなど、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける”結果、筋肉が疲労を …

no image
スマホが原因の肩こりや頭痛 ストレートネックの治し方

スマートフォンの普及に伴い、長時間画面を覗き込むことで、肩こりや腕のしびれを訴える人が増え、ストレートネックになっている人が増えています。