知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収
摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。


また、栄養素を消化・吸収器官から血液またはリンパ液に取り入れることを吸収といいます。
■消化の仕組み
口~食道
食物を取り入れ、咀嚼(そしゃく)運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。

食物を一時貯蔵し、蠕動(ぜんどう)運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。また、たんぱく質を分解します。尚、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。
小腸
十二指腸・空腸・回腸に分けられます。食物が十二指腸へ入ると、膵(すい)臓は膵液を分泌し、炭水化物・たんぱく質・脂質を分解します。また、胆嚢は胆汁を分泌し、脂肪の消化を助けます。空腸・回腸は腸液を分泌し、炭水化物・たんぱく質・脂質を最終的に分解し、吸収します。
大腸
消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。
肛門
大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。

摂取した食物は、消化吸収されて初めて体を動かすエネルギーになります。ただし、摂取した食物全てが吸収されるわけではなく、その日の健康状態、食べ合わせなどによって吸収率は変化します。
消化吸収には、物理的消化、化学的消化、生物的消化があります。毎日いろいろな食品を摂り、よく噛んでゆっくり食べることにより、これらの消化吸収作用が促進され、バランスの取れた栄養素を吸収することができます。
体の機能は25歳ごろから衰え始め、基礎代謝機能も劣ってきます。男性も女性も25歳を過ぎると、年に400gづつ体重が増える計算になるという報告があります。25歳位の女性は 妊娠、出産などでホルモンバランスに影響を与えるのでしょうか。
37~39歳はちょうど女性ホルモンの分泌が減り始める時期でもあり、ここでもやはりホルモンバランスが影響します。

 - 病気・健康対策

  関連記事

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
大きくなったり膨らんだりした悪性のほくろからガンを見つける方法

ほくろは生まれつきできやすい人、できにくい人と個人差があります。また、紫外線の影響で成人後も増えたり、大きく膨らんだり、成長することもあります。 ほとんどの場合、問題のない良性のほくろですが、なかには悪性のほくろである場合もあるので、いつの …

no image
厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。