知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感染によって炎症し膀胱の内側が敏感になっているために起こるためです。


膀胱炎が悪化してくると、残尿感がひどくなり、何度も何度もトイレに行くようになります。常に下腹部に違和感を感じ、はっきりとした痛みを感じることもあります。さらに悪化すると、排尿時に焼け付くような痛みを伴います。

■原因
膀胱炎は大腸菌などの腸内細菌が尿道をさかのぼって膀胱で増殖して起こる病気です。腸内細菌は、大腸・直腸にすんでいる菌ですので、肛門やその周囲には必ずいる菌です。もともと、膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、また、膀胱は細菌への抵抗力があります。しかし、疲労やストレスなどで、免疫力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。また、膀胱炎は、男性より女性がなりやすい病気と言われています。男性の尿道は15センチ~16センチあるのに対して、女性の場合には、3センチ~5センチ程しかなく、短く直線的となっているので、膀胱に細菌が侵入しやすいのです。また細菌のいる肛門と尿道口が近いこと、おりものや生理時のナプキンも、膀胱炎になりやすい原因とされています。

■治療方
軽い膀胱炎の場合は、水分をたくさんとって排尿をして膀胱内に溜まった細菌を外に洗い流してあげることにより改善することができます。膀胱炎になると、排尿時や膀胱に尿が溜まると痛みがあるために、水分を摂ることを嫌がってしまう人がいますが、膀胱内の細菌を排出するためにも、水分を多めに摂り、尿を作ってどんどん排尿するようにしましょう。また、規則正しい生活を心がけ、身体を休め、栄養をしっかり摂り、免疫力を高めることも大切です。身体の免疫を高めることで、膀胱内に残った細菌に抵抗力が付き、感染を防ぐことが可能です。重度の膀胱炎の場合、抗生物質や抗菌剤の投与が主な治療方法です。急性膀胱炎の場合、内服薬は4~5日分処方され、飲み始めて1~2日で症状は落ち着き、1週間程で完治します。症状がひどい場合には必ず医師の診察を受けましょう。悪化すると危険な膀胱炎は早めの治療で簡単に治るのでまずは病院にいくことが重要です。

膀胱炎の治療は泌尿器科、女性であれば産婦人科でも診察を受けることができます。
妊娠すると、おりものが増えていく上に、細菌に対する抵抗力が減ってくるため膀胱炎にかかりやすいので産婦人科でも受診が可能です。
内科でも抗生物質を処方することによって治療することが可能です。血尿などが出た場合などや腎盂炎など重病が疑われるなど一般の内科での治療が困難な場合には泌尿器科や総合病院などへの紹介状を書いてくれますので、とにかく病院で診断を受けることが重要です。
膀胱炎の治療は早く始めるほうが治癒も早いですし慢性化することも避けられますので医療機関できちんと診察を受けましょう。

 - 女性の健康, 病気・健康対策 , , ,

  関連記事

no image
生理痛は我慢せず自分に合った治療法を探そう

★生理痛のしくみ 生理のリズムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌で生まれます。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。

no image
栄養たっぷりなパインは夏バテに効くフルーツ

猛暑が続くと多くの人が悩まされる夏バテ。体がだるくなったり、食欲がなくなり、栄養が偏ってしまっていませんか。そんな夏バテに悩まされている人に、お勧めしたいフルーツがあります。

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
ノロウイルスの特徴と潜伏期間と検査方法

ノロウイルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。流行時期は11月から3月の主に冬季ですが、年間を通して発症します。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
近年増加しているサイトメガロウイルス 妊婦さんは注意が必要

サイトメガロウイルスは、世界でありふれているウイルスで子供や大人が感染してもまったく問題ありません。 しかし、妊娠した女性が初めてこのウイルスに感染した場合、お腹の中の赤ちゃんも感染し、生後に障害をもたらす可能性があります。 妊娠を希望する …

no image
姿勢を正して代謝UP

悪い姿勢にはいくつか種類があります。 1・前かがみの猫背 2・胸が突き出でている姿勢 3・お腹が付きでている姿勢

no image
胎児に影響を及ぼす風疹が大流行 妊娠する前に夫婦で予防接種を

2012年より、増加している風疹は、2013年も更に拡大することが懸念されています。妊娠初期の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに傷害をもたらす危険性があるため、妊娠適齢期の女性は注意が必要です。

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。