知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

白内障手術の心得

白内障とは目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下してかすんで見えたり、明るいとこに出ると眩しくて見ずらいなどの症状があります。
白内障は薬で回復することができません。つまり一度進行が進んでしまった場合、手術するしか方法がありません。

白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあるので、定期的に健診を受けるようにしましょう。

現在、白内障の手術は医療技術の発達により、短時間でリスクも低く普及しています。しかし、やはり大事な目を手術するわけですから、どんな手術方法でどんなリスクがあるのか理解しておくことは必ず必要です。

白内障の手術には、水晶体超音波乳化吸引術と嚢外(のうがい)摘出術の2種類があります。
嚢外摘出術は、放置しすぎて白内障が進行していると、水晶体が硬くなりすぎて超音波では砕ききれなかったり、砕くのに時間がかかりすぎたりする場合があります。この場合は、水晶体の核を砕かずにそのまま摘出する嚢外摘出術という方法を選択します。
水晶体超音波乳化吸引術は、傷口が小さくて回復が早いため、現在の白内障手術の主流です。濁った水晶体の中身だけを超音波で砕いて(乳化して)吸出し、嚢(のう)(水晶体が入っている袋)に眼内レンズ(ILO)を固定する手術です。手術は点眼の局所麻酔で行い、切開の幅も3ミリ程度と小さいため、傷口を縫合する必要もありません。手術時間は30分以内です。安全性の高い手術で、眼に合併症がなければ日帰りで手術が可能です。
ただし、日帰り手術を受けられる条件がいくつかありますが、一番大切なことは患者さんご本人が日帰り手術を希望しているかどうかということです。手術後の定期的な通院が難しいことや、初めての手術で不安だから入院の方が安心だと思われる患者さんも少なくありません。ただ、入院ともなれば費用的にも日帰りより負担も大きくなります。
日帰り手術の場合、手術を受けた病院と自宅の往復は大丈夫なのか?移動手段やそのための付き添いなども考えておいた方がいいでしょう。
そして、重い病気や眼の合併症がないことが重要です。循環器や呼吸器系の持病があると、手術への不安から症状が悪化し、手術に影響する場合も出てきます。また、白内障以外に重い眼の病気などがある場合、手術が難しくなったり、手術時間が長引くこともありますし、状況によっては、入院して手術となる場合もあります。 お医者さまと相談しながら決めましょう。
白内障の手術自体は10分~15分ほどで終わります。また、手術の後に急に痛みだしたり、体調が悪くなるなることもないので、一般的な白内障の手術の場合、ほとんど日帰りで問題はないといえます。
しかし、手術の後には何度か通院が必要となります。通常は手術の翌日、3日目、5日目、1週間後、2週間後、1カ月後となります。病院を検討する段階で、通院が可能かどうかも視野に入れ病院を決めましょう。
さらに手術から1週間ほどは安静にしていなければならないので、一人暮らしの人や家族の協力が難しい場合、手術当日の夜を自宅で過ごすのに何となく不安がある、などといった場合も、日帰りではなく入院手術の方がおすすめです。

白内障手術を受けるにあたっての心得が3つあります。
一つは、血液検査や血圧測定などをはじめ、角膜内皮細胞検査や眼底検査などいくつかの検査を受けて、手術をするのに問題がないかを調べましょう。白内障に関係がない病状でも、気になっている事があれば医師に相談しましょう。手術には患者の精神状態も影響してくるので、不安に感じていることがあれば事前に解消しておくことが大切です。
二つ目は、家族の協力が必要となります。手術後1週間は安静にしていなければならなので、家族の方にも白内障を理解してもらい、安静にしていられる環境を作ってもらうことが必要です。
三つ目は、視力が回復し安定するまでは1週間から1カ月程かかります。お仕事をされている方は、できたら1週間前後お休みできるようにしておくとよいでしょう。

 - 疲れ目・目の病気・視力 , , , , ,

  関連記事

no image
白内障の原因・症状と予防や治療方法(手術)

白内障は、目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下する病気です。

no image
視力にいい6つの食べ物

近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。

no image
コンタクトレンズの長所と短所

■コンタクトレンズの長所と短所 コンタクトレンズが視力を矯正する原理は眼鏡と同じです。コンタクトレンズが眼鏡と異なるのは「眼に直接触れさせて、まるで自分の眼の一部のように使えること」です。