知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

肩コリは血行不良が原因

■肩の力を抜く肩こり体操
肩こりは、首から肩にかけて、また、肩甲骨付近の筋肉が緊張して、血行不良を起こしている状態です。


すると、頭や腕を支えるための筋肉も機能が低下するため、さらに肩こりを起こす筋肉へ負担をかけることになりかねません。
肩こりの人の多くには、体を支える必要がない横になって寝た姿勢になっても、肩に力が入り(肩をすくめたような)脱力できない状態が見受けられます。そのような状態になっている自覚が無い場合も少なくありません。
緊張感漂う職場の雰囲気や仕事内容、そして、姿勢を変えることが少なく、手先を使う反復作業を行うといった、様々な要素によって、肩や首、背中の筋肉が緊張していきます。
毎日のようにその状況に身を置くことによって、常に肩に力が入りリラックスできないようになっていきます。「肩がこっていない状態がわからなくなってしまいました。」と言う人もいます。正常な筋肉の硬さを忘れてしまう、といったイメージでしょうか。
■肩こりの解消法
肩こりを悪化させないためにも、ちょっとした時間をみつけて、強制的に「肩をすくめるような力がはいっていない状態」をつくり、「これが正常な状態ですよ。」ということをインプットすることが大切です。
体操は、長時間やるというよりも、1回につき3~5セットでもよいので、1日のうちにこまめに行えると効果的です。デスクワークの途中やお風呂などで温まりながらがオススメです。

 - 肩こり・腰痛・関節痛 , ,

  関連記事

no image
デスクワークによる肩こり

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは筋肉の疲れによるものです。 デスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢でいることが多く、更に姿勢の悪さ、机と椅子の高さがあっていないなど、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける”結果、筋肉が疲労を …

no image
スマホが原因の肩こりや頭痛 ストレートネックの治し方

スマートフォンの普及に伴い、長時間画面を覗き込むことで、肩こりや腕のしびれを訴える人が増え、ストレートネックになっている人が増えています。

no image
首の付け根の痛みには

肩こりとひと言で言っても、肩こりに至るまでには、人それぞれ負担の大きい部位が違うことがあります。自分はどこが悪くて肩こりを起こしている可能性があるかを知っておくことは大切だと思います。

no image
あなたの机と椅子正しい高さですか?

椅子に座るときと、パソコンのモニター画面に向かう場合の正しい姿勢を説明します。 毎日オフィスで使用するものですから、カラダにあった椅子を選び、また、眼精疲労を起こさないためにも、照明にも気をつけます。