知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

厄介なせき・たんの原因は

風邪を引いた時にでるせき・たんの原因は、ウイルスや細菌による感染です。のどは空気に直接ふれる為、細菌やウイルスに感染しやすいのです。


健康な状態であれば、のどの粘膜で細菌やウイルスは外に出され体内への侵入を防ぐことができます。しかし、のどが乾燥していたり、免疫力が低下している時は細菌やウイルスが体内に侵入し風邪の症状を引き起こしてしまうのです。
つまり、せきは異物の侵入を防いでいる防御反応で、たんはその異物を運び出してくれる役割を持っているのです。風邪のときにのどが痛むのは抵抗力が弱くなったのどの粘膜にウイルスや細菌が感染して炎症をおこしているからです。
せき・たんの原因は風邪以外にも、花粉やハウスダストなどのアレルギーやたばこの煙による場合もあります。

せき・たんを拗らせると、肺炎・気管支炎・気管支喘息を引き起こす恐れがあります。
肺炎は細菌やウイルスが肺に侵入して炎症を起こします。のどの傷みがなく、38℃以上の高熱が続く場合には肺炎の可能性があります。主に体力が落ちている人や、免疫力の弱いお年寄りに多く発症します。
気管支炎は細菌やウイルスが気管支に侵入して、炎症を起こします。症状は、せきや、発熱、のどの痛み、鼻水、頭痛など、風邪と似ているので注意が必要です。
気管支喘息はアレルギーによる気管支の炎症や、アレルギーによって気道が過敏になって気道が狭くなり、息が苦しくなる発作を繰り返します。喘息の発作時には、せき、たん、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音、呼吸困難があり、息を吸うときより吐き出すときの方が苦しくなるのが特徴です。

予防方法は、風邪のウイルスを寄せ付けないことです。外から戻ったら、手洗い・うがいをこころがけましょう。適度な体力をつけてバランスのいい食事をとりましょう。体力をつけることで、体内に侵入したウイルス勝つことができます。冬の時期は、空気が乾燥し、ウイルスが最も好む環境です。室内は暖かくして湿度を調節しましょう。

子どもはせき込むと吐きやすいので、食後はとくに注意してあげることが必要です。せきが出ているときは、食事は消化の良いものを与え、吐いたときのために洗面器などの受け皿になるものを、近くに用意しておきましょう。ゼーゼーというせきのときは、水分が不足するとたんの切れが悪くなり、のどにたんが詰まってしまうこともあるので水分補給に気をつけてあげましょう。

 - こどもの病気対策, 病気・健康対策 , , , , , ,

  関連記事

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
夏のレジャーは虫さされ(ブヨ)に要注意

夏場の野外レジャーで気をつけたいのは、虫さされ。 代表的なのは蚊ですが、蚊よりも厄介なのがブヨです。症状は個人差がありますが、アレルギー反応がある方は歩行困難になることもあります。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
脳卒中は突然やってくる

脳卒中は、脳血管の異常を原因として起こる病気です。「脳血管障害」の中で、急激に症状が発生する病気のことです。

no image
年々増加している手足口病

■手足口病とは 例年7月~8月の夏場を中心に乳幼児の間で流行します。今年は3月ごろから増加し、2000年以降の11年間最多の状態が続いています。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
抗酸化作用で注目の「リコピン」

■赤ちゃんを「酸素の害」から守る 赤ちゃんは、誕生して初めて肺呼吸を始めるその瞬間から、空気中の酸素を利用します。しかし同時に、酸素の害にも初めてさらされます。