知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。


骨量は男女ともに30歳代後半をピークに生理現象として自然に減ってくるものですが、骨粗鬆症は男性は50歳代からみられるのに対し、女性は40歳代から発生し、閉経を境に増加し、60歳代では約33%、80歳代には60%を超える発生頻度となります。

日本は長寿社会となり初期の骨粗鬆症の患者が少なくとも900万人いるといわれています。
また、アメリカではすべての部位を含め120万件以上、日本では大腿骨頸部骨折だけで5~7万件発生し、寝たきり老人の主な原因となっています。
また本症発生の危険因子として低体重、運動不足、喫煙、コーヒー、アルコールの摂取過多、偏食、カルシウム、ビタミンD、Kの低摂取などがあげられ、この把握が治療上に役立ちます。

★骨粗鬆症の治療法
骨塩量の減少の予防を治療の第1目標とします。
まず適正なカルシウムとビタミンDの摂取の指導を行います。また牛乳、乳製品、魚、海藻類を中心としてカルシウムは1日最低800mg以上とるようにすすめます。
次に適度な運動を行うよう指導します。年齢にもよりますが、運動の種目は何でもよく、1日60分、1週間に3日以上が理想的です。そして夏は日陰で30分間、冬は顔や手に1時間程度の日光浴をさせることが大切です。

★何科にいけばいいの?
骨粗鬆症の患者さんは、腰や背中の痛みから受診されることが多く、整形外科で診断・治療を受けることが多いのですが、最近は、カルシウムバランスや更年期障害の治療も含めて内科や婦人科などでも診断・治療を受けることが珍しくありません。
骨粗鬆症の診断・治療はどの科でしているのか、医療機関に直接問い合わせをしてみてもよいでしょう。

 - 病気・健康対策 , , , , ,

  関連記事

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
便秘解消のツボ

便はどのようにできているのでしょうか? 食事をすると、食物は胃や小腸を経て消化・吸収され、その残りが大腸(結腸)に送られていきます。

no image
インフルエンザ対策

■インフルエンザとは インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

no image
ジェネリック薬品が日本に普及しない理由

新薬の開発には長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、開発メーカーには20年~25年の特許期間が認められ、その期間は独占的にその薬を販売することができます。

no image
更年期障害の4つの症状

★ほてり 更年期に良く見られる症状に「ほてり」があります。「ほてり」はほかの色んな症状を引き起こす原因にもなるんですよ。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
パソコンやスマホの長時間の使用で起こる腱鞘炎に注意

腱鞘炎というとこれまでは、文字をよく書く人、楽器を演奏する人など普段から指を動かす人に多く発症してきましたが、近年では、パソコンやスマホを長時間使用する人でも腱鞘炎になってしまうことがあります。 腱鞘炎は一度発症すると完治するまで時間を要す …

no image
冬に多い心筋梗塞・脳卒中

日本の冬は気温が下がるだけでなく乾燥しやすく、健康を損ねやすい季節でもあります。そうした冬ならではの健康に影響を及ぼす恐れのある危険な場所があります。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
たばこと糖尿病の悪循環

糖尿病とたばこの最悪の関係 ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害についてしっかりと学びましょう。