知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。


骨量は男女ともに30歳代後半をピークに生理現象として自然に減ってくるものですが、骨粗鬆症は男性は50歳代からみられるのに対し、女性は40歳代から発生し、閉経を境に増加し、60歳代では約33%、80歳代には60%を超える発生頻度となります。

日本は長寿社会となり初期の骨粗鬆症の患者が少なくとも900万人いるといわれています。
また、アメリカではすべての部位を含め120万件以上、日本では大腿骨頸部骨折だけで5~7万件発生し、寝たきり老人の主な原因となっています。
また本症発生の危険因子として低体重、運動不足、喫煙、コーヒー、アルコールの摂取過多、偏食、カルシウム、ビタミンD、Kの低摂取などがあげられ、この把握が治療上に役立ちます。

★骨粗鬆症の治療法
骨塩量の減少の予防を治療の第1目標とします。
まず適正なカルシウムとビタミンDの摂取の指導を行います。また牛乳、乳製品、魚、海藻類を中心としてカルシウムは1日最低800mg以上とるようにすすめます。
次に適度な運動を行うよう指導します。年齢にもよりますが、運動の種目は何でもよく、1日60分、1週間に3日以上が理想的です。そして夏は日陰で30分間、冬は顔や手に1時間程度の日光浴をさせることが大切です。

★何科にいけばいいの?
骨粗鬆症の患者さんは、腰や背中の痛みから受診されることが多く、整形外科で診断・治療を受けることが多いのですが、最近は、カルシウムバランスや更年期障害の治療も含めて内科や婦人科などでも診断・治療を受けることが珍しくありません。
骨粗鬆症の診断・治療はどの科でしているのか、医療機関に直接問い合わせをしてみてもよいでしょう。

 - 病気・健康対策 , , , , ,

  関連記事

no image
体の消化機能は25歳から衰え始める。

■食物の消化・吸収 摂取した食べ物のほとんどは、そのままの形では大きすぎて体内で吸収することが出来ません。食物中の栄養素を吸収できる形になるまで分解することを消化といいます。

no image
バセドウ病の症状と治療方法

■バセドウ病の病態・原因 バセドウ病は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。私たちの体には、外敵から身を守る免疫機能が備わっていて、細菌やウイルスなどが侵入したとき、抗体をつくって排除しようとします。

no image
足のうらにできる”ほくろ”には要注意

足のうらにできるほくろはよくないと言われますが、なぜよくないのでしょうか。 顔周りや腕にもほくろはできますが、そのほくろとは何がちがうのでしょうか。

no image
痛風は男性だけじゃなく女性も注意

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。 痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

no image
自律神経の崩れと冷房病

夏場の冷えすぎたエアコン設定は体を壊す原因となります。とくにオフィスでは、男性に比べ女性はスカートや薄手のストッキングなど、薄着の方が多くみうけらけます。

no image
免疫力を付けて風邪予防

私たちは、日常生活の中で常に様々なウイルスに囲まれて生活しています。そのウイルスから体を守っているのが免疫力です。 免疫とは、体の「防御反応」の1つです。免疫力が働くおかげで、体内にウイルスが侵入しても症状はでません。

no image
冬の冷え症対策

■冷え症の原因 女性の多くの方に見られる症状ですが、決して女性だけの症状ではなく、当然男性にもある症状です。特に最近では、中高年男性や子供にも冷え性が増えてきているといわれています。

no image
関節リウマチ早期発見が重要 その初期症状とは

関節リウマチは、手首や手足の関節で起こりやすく、間接が腫れ激しい痛みを伴い、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30代~60代の女性に多く発症するといわれています。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
免疫力を高める方法

■冬は免疫が低下しやすい のどや鼻の内側には粘液に覆われた粘膜があります。粘液は粘膜に付着した病原体を殺菌する働きがありますが、乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。