知っておきたい健康の知識

知っておきたい健康の知識や誰にでもすぐできる健康術を発信しています。

女性特有の病気”子宮筋腫”

子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋(へいかつきん)成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって発育する良性腫瘍です。


婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その発生頻度は30歳以上の女性で20~30%と推測されています。さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にあると考えられています。20代の女性にもみられます。
小は顕微鏡的な大きさから、大は数十cmにまで達する硬い球形のこぶができます。こぶは1個から数個できるのが普通です。
筋腫の90%以上は子宮体部に発生し、残りは子宮頸部(けいぶ)に発生します。筋腫ができる部位によって、3つのタイプがあります。
内側の子宮内膜に向かって発育したものを粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)、筋層のなかで発育したものを筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)、子宮の外側に向かって発育したものを漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)と呼びます。
子宮筋腫ができる原因については不明な点が多いのですが、現在、次のような仮説が提唱されています。
未分化な子宮平滑筋(へいかつきん)細胞が、胎児期の分化の過程でいろいろな影響を受け、筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、思春期から増えてくる性ステロイドホルモンに反応して子宮筋腫に成長していくという説です。
実際、初経が来る前には子宮筋腫はみられず、また閉経後には筋腫の発生はなく、すでにある筋腫も縮小します。

子宮筋腫の症状の現れ方
子宮筋腫になると粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合は、筋腫がある部分の子宮内膜が薄くなり、うっ血、壊死(えし)、潰瘍などが生じて月経の出血量が増えます。
そのため、貧血になることがあり、動悸(どうき)・息切れなどの貧血症状で筋腫が発見されることも少なくありません。筋腫のこぶが握りこぶし大以上になると、下腹部に腫瘤感(しゅりゅうかん)や膨満感(ぼうまんかん)を自覚することがあります。

また、子宮腔の変形による月経血の排出障害、筋腫の変性・感染、漿膜下筋腫の茎部(けいぶ)でのねじれなどにより、月経時に下腹部痛や腰痛を自覚することがあります。時には、筋腫が腟のなかにまで下がってきて、不正出血が続くことがあります。これを筋腫分娩(きんしゅぶんべん)といい、筋腫のこぶが子宮から分娩して出てきた形になります。
筋腫が巨大になり、骨盤内が筋腫で占められるようになると、神経を圧迫して腰痛を起こしたり、膀胱や尿管を圧迫して排尿障害・水腎症(すいじんしょう)を起こすことがあります。さらに、骨盤内の血管を圧迫して下肢に浮腫や静脈瘤(じょうみゃくりゅう)を来すこともあります。

子宮筋腫は不妊娠や流産早産の原因になることがあります。異変を感じたらすぐに産婦人科へ行きましょう。検査方法は内診、超音波検査、MRIなどにより診断されます。筋腫は良性腫瘍であり、命にかかわる病気ではありません。
しかし、「ほっておくと筋腫が腐る、他臓器に影響がでる」とおどかされ、手術を勧められることがあります。実際には、そのようなことはまずありえません。

スイカくらいの大きさにならない限り他臓器への影響も極めて稀にしか起こりません。治療の目的は「生活の質の改善=楽になること」に尽きます。つまり「苦痛に思わなければ治療は不要」なのです。
ただし妊娠・出産を望んでいるときは無症状でも治療をしておいたほうがよい場合があります。たいていは増血剤(鉄剤)、鎮痛剤、漢方薬で治療でき絶対的に手術が必要なケースはわずかです。
筋腫は女性ホルモンにより増大し女性ホルモンが低下する閉経後は症状がなくなり治療の必要もなくなります。つまり閉経すれば筋腫は卒業です。

漢方薬はたくさんの種類がありますが適切な選択と組み合わせをすれば副作用なく筋腫の症状が改善できます。冷え症、便秘、頭痛、月経に伴う不快症状、更年期障害にも効果があり費用が安いので筋腫を「閉経まで付き合う慢性疾患」と考えるとこれらの特徴は大きなメリットと言えます。
ホルモン治療は筋腫が治るものではなく一時的に症状を抑えるだけです。女性ホルモンを人工的に閉経レベルにまで低下させ生理を止め生理に伴う症状を解消させ筋腫を縮小させます。
ただし更年期症状、骨量低下も起こるので長期には続けられません。
薬をやめれば筋腫は元に戻りますので閉経が近い人か筋腫を小さくして手術をしやすくする目的以外では無駄になることが多く高価な薬ですのでお勧めしていません。

 - 女性の健康 , , , ,

  関連記事

no image
若い女性にも発症が増加している子宮腺筋症とは?

子宮腺筋症は、30代で出産経験のない女性に多く発症すると言われていますが、近年では若い女性にも発症が増加しています。生理痛がひどくなったり、過多月経になる特徴があり、日常生活に支障をきたすこともあります。 さらに、不妊の原因にもつながるので …

no image
基礎体温を毎日計ることで自分の健康状態を知ることができます。

女性の体は、基礎体温を毎日計ることでさまざまなことが分かるといわれています。 基礎体温表をつけると高温期と低温期の二層に分かれます。この変化から排卵の時期や排卵の有無などがわかったり、グラフの変化で読み取れるホルモン分泌から身体の問題がわか …

no image
生理痛は我慢せず自分に合った治療法を探そう

★生理痛のしくみ 生理のリズムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌で生まれます。

no image
近年増加しているサイトメガロウイルス 妊婦さんは注意が必要

サイトメガロウイルスは、世界でありふれているウイルスで子供や大人が感染してもまったく問題ありません。 しかし、妊娠した女性が初めてこのウイルスに感染した場合、お腹の中の赤ちゃんも感染し、生後に障害をもたらす可能性があります。 妊娠を希望する …

no image
子宮頸がんはワクチンで予防対策

■子宮頸がんとは 子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんです。 原因はHPVというウイルスです。といってもHPVは皮膚や粘膜に存在するありふれたウイルスです。

no image
母子感染 子供の為に学ぼう

母子感染、すなわち垂直感染の経路は、胎内感染、分娩時感染、経母乳感染の3経路が知られています。

no image
女性が発症しやすい膀胱炎 正しい治療法

膀胱炎の症状は、1日10回以上トイレに行くようになり、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあり、排尿の最後の方や、排尿後に痛みが伴うこともあります。このような症状の原因は膀胱が細菌感 …

no image
妊婦が気をつけたい感染症 先天性トキソプラズマ症

トキソプラズマは健康な人が感染しても風邪のような症状で治まりますが、妊婦が感染すると胎児に大きな影響を及ぼす可能性があります。